更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 101234567891011121314151617181920212223242526272829302016 12

【  2016年11月  】 

離婚しましょう? 旦那様ッ・続編『信じても良いですか?旦那様ッ』 第1話

信じても良いですか?旦那様ッ

2016.11.06 (Sun)

 我がローゼリアン伯爵家に来春には家族が増える事になった。まだ随分先の話だが、先日妻の妊娠が判明し、色々あって心落ち着かない日々も過ごしたが、今朝は私よりも早く起きて身支度を整えると、厨房にも顔を出していた。妊娠判明と同時に流産の危機にもさらされて、私達夫婦はとても生きた心地がしなかったが、やっと普段の日常が戻りつつあった。今朝は玄関先まで久し振りに見送りをしてくれた。「旦那様、ただですらお忙しいで...全文を読む

PageTop▲

ずっと心に決めていた《181.念 願1》(アレク視点)

ずっと心に決めていた

2016.11.15 (Tue)

 リレントの発言に、見事に粉砕された祖父君は、深いため息をついている。少し離れた場所で周囲の動向を見守っていた夫人は、祖父君の許へと近寄ると、そっと肩に手を置いた。「あなた……、もう良いじゃありませんか。恩義を忘れぬことこそが忠義だと、いつも仰っていたではありませんか……」「そうだな……」詳しい経緯は分からないが二人の様子から、おそらく祖父君は過去に何らかの形でルーカス家に深い恩義を感じており、敬愛を覚え...全文を読む

PageTop▲

パウリンに導かれて《第11章3》(※R-15一部有)

パウリンに導かれて

2016.11.21 (Mon)

 小さく含み笑いを浮かべると、ライサンドは一歩、二歩とローレライに向かい、じりじりと近づいて来る。その眼差しは捕食者のように鋭い。「……こ……こな……っ」ローレライは必死に大声を上げようと試みたが、恐怖のあまり震えて上手く言葉として声を発することが出来ない。身をすくめながら、大きく首を振ることが精いっぱいの状況だった。ゼロは、どうしても部屋の窓辺から園庭を見おろした時のライサンドの動向が気にかかり、何か見...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年11月       翌月

Menu

プロフィール

風波 涼音

Author:風波 涼音
オリジナルの王道恋愛ファンタジーを書いています。(ハッピーエンド推進)〇〇年振りに執筆を再開しました。少しずつ自分のペースで書いていきたいと思います。

ランキング参加中です

押して頂けると励みになります^^

FC2Blog Ranking


にほんブログ村
にほんブログ村

                                   

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロ友更新記事

検索フォーム

QRコード

QR