更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 04

【  2017年03月  】 

離婚しましょう? 旦那様ッ・続編『信じても良いですか?旦那様ッ』 第6話

信じても良いですか?旦那様ッ

2017.03.06 (Mon)

 戻った義父母の許で、妻ははしゃぎまわっていた。「ねえ、聞いております? お母様ッ! 殿下が、この子が女の子だったら妃に迎えたいと仰って下さったの! 私の娘がついに本当の王子様に迎えられるのよ、なんて素敵な事なんでしょう! 」「まあ、それは喜ばしいお話ね。私も胸が弾む思いだわ。けれど少し落ち着きなさい、シルビア。あちらで殿方が複雑なお顔をなさっているわ」「まあ!」手を取り合い妻と喜びを分かち合う義母君とは対...全文を読む

PageTop▲

ずっと心に決めていた《185.決 断》

ずっと心に決めていた

2017.03.14 (Tue)

 サインした書類の内容を確認し、受け取るアレクシスと祖父の動向を見守りながら、私はアレクシスの傍らに寄り添うように佇んでいた。「確かに……。お預かりいたします。王都に帰省次第、書類は直ちに提出させいて頂きますので」「ああ、後の事は、宜しく頼む……」「はい。全てにおいて、出来うる限りの事は、させて頂くつもりでおりますので……」互いに深々と頭を下げ合う二人の様子を、私は固唾をのんで見守っていた。『後の事』とは...全文を読む

PageTop▲

パウリンに導かれて《第11章7》

パウリンに導かれて

2017.03.20 (Mon)

 ローレライが部屋去ると、ゼロは入れ替えられた部屋の荷物の配置を確認すると、軽く汗を流し再び身を整えた。ローレライがこのまま落ち着いたままで過ごせるとは想像できず、いつでも呼ばれれば出向く準備を整えていたのだが、それは期待を裏切らなかった。それは喜んでいい事なのか、如何なのか?「お嬢様が不安がられておいでで……。アイスラント様にお傍にいて頂きたいとおっしゃられております」侍女にそう告げられて、ゼロは直...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年03月       翌月

Menu

プロフィール

風波 涼音

Author:風波 涼音
オリジナルの王道恋愛ファンタジーを書いています。(ハッピーエンド推進)〇〇年振りに執筆を再開しました。少しずつ自分のペースで書いていきたいと思います。

ランキング参加中です

押して頂けると励みになります^^

FC2Blog Ranking


にほんブログ村
にほんブログ村

                                   

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロ友更新記事

検索フォーム

QRコード

QR