パウリンの娘

パウリンの娘《第6章5》

 ←パウリンの娘《第6章4》 →パウリンの娘《第6章6》
事の詳細を報告するべく、フリードルはシドと二人で馬屋に向かった。
そこにはローレライと二人で甲斐甲斐しく言葉少なに馬の世話をする主の姿と、額に汗を流し傅く二人の配下の者の姿があった。

「ゼロ様!」
「ゼロ・・・・」

フリードルとシドは声を揃えて呼んだ。

「どうした!?」

何かあったのか!?と聞きたげな主の姿に二人はまたも声を揃えて“いえ・・・・”と、言うと言葉を詰まらせる。

「あっ、エル。ゼロって凄いの! ジュリアスのここ見て。前足のここ跛行ぎみらしいの。急に無理させちゃったから・・・・。今冷やしてくれていて、暫くは安静にした方が良いんですって。後で薬も作ってくれるんですって。お医者様みたいでしょ」

満面の笑みで嬉しそうにローレライが話す。
最初は恐々だったけれど、フリードルの友人と言うし、ジュリアスのゼロを見る目は信じられた。
心の枷はすっかり外され、話し方も完全に女に戻っている。
何より馬の事をこれだけ良く知っていて世話も出来るという点で、既にゼロを尊敬しているようだった。

「・・・・それは良かった・・・・あの・・・・ゼロ様!?」

「あら!? 友人なのにゼロ様なんて呼んでいるの? 何だか変ね」

「いや・・・・、シド・・・・」

確かに可笑しい。
友人に様はない!
咄嗟の事にフリードルは焦った。
自分の事を友人と言うのは得策だとは思ったが、いきなり今まで騎士見習いの頃から憧れ尊敬してきた方を急に呼び捨てに等出来そうになかった。
呼ぶにしても心積もりと言うものがある。
咄嗟に主の側近に助けを求めた。
シドも少し考えるが直ぐに口を開いた。

「・・・・ゼロ・サマーと言う・・・・お名前なんだ。普段はゼロと呼んでいるが、呆れたりした時などはゼロ・サマーと呼んだりする時もあるな。普通この様な馬の世話は配下の者が居るのに上の者が手を出したりしないから、俺達も少し呆れたんだ。なっ」

シドは何事もないようにあっさり話したが安易な思いつきすぎて内心はバレやしないかとドキドキだった。
フリードルにも目くばせをし同意を求める。

ローレライはフリードルをチラっと見つめる。

「そうなの?」

聞くとフリードルもそうだと頷いた。

素直な返事が返って来たものだからシドは我ながら可笑しかった。
フリードルはローレライなら何も疑わずにそのまま受け取るだろうと思っていた。
ローレライはそう言う娘だ。

「ゼロ・サマー・・・・」

小声でポツリとゼロが呟いた。

「何!?」

「いや、氷」

「足りない!?」

「ああ」

「貰ってくる」

笑顔で桶を抱え、ローレライが氷を貰ってくるとその場を離れれば、サビエルが慌てて後を追いかけた。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村




総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第6章4》】へ
  • 【パウリンの娘《第6章6》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

きゃははは!!!
思わずふきだしてしまいました~~~~v-237
イイっv-218

そうね~
性格はまだ見えないわ^^;
でもかっこよければなんでもOKよv-238

HANON.H様 

有り難うございますv-238
勝手に手が動いて反応がちょっとドキドキでしたが、笑って貰えて良かったわ^^

ゼロの性格も少しずつ見えて来るけど、これまた反応がちょっとドキドキだったりします^^;(私的には理由があっての性格付けなんだけど)
でも、かっこよければOKなら外見でカバー出来るか!?(笑)

NoTitle 

す、すごい逃げ技ですけどね。
それでごまかせるのならごまかせるでいいですけどね。
どうも上位関係があって、身分、素性を諸々隠すというのは結構大変ですよね。日頃の習慣がありますからね。
サマーかあ、、、。。。

LandM様 

この逃げ技はローレライのような人を疑う事の知らない人にしか通用しない限定技です(苦笑)
こう言う突発的な場合、人間直ぐには対応できないでしょうし、ここでのあたふたはどうしても入れたかったエピソードでした。
サマーです^^; 笑って頂けると有り難いです(苦笑)

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第6章4》】へ
  • 【パウリンの娘《第6章6》】へ