パウリンの娘

パウリンの娘《第6章6》

 ←パウリンの娘《第6章5》 →パウリンの娘《第6章7》
ローレライが馬屋から離れて行くのを確認すると、フリードルが慌ててゼロに問い正す。

「ゼロ様、あの者と随分打ち解けていらっしゃった様ですが、何処までお話になられたのですか!?」

「別に、エルの友人とかし言ってないぞ。ああ、イクタシオが私の馬だとは話したが」

「それだけですか?」

「勝手な事を私が言っては不味いだろ!?」

「有難うございます」

それにしても・・・・。と、思った。
フリードルは12の年から3年間見習いから入り15の若さで騎士の称号を賜った。
18の時には異例のスピードで近衛の騎士隊長に就き、将来を有望視されていたが、19の時にゼロが王宮を去ると自らも一緒に付いて来た。
あれから2年、9年間ゼロを知っているが、女とこの様に話している姿は見たことが無かった。
王宮に居た時もこの風貌で、地位も堅く言い寄って来る女はいたが『目障りだ』『散れ』と言う二言以外に放たれる言葉を聞いたことが無かった。
母であるザビーネ様は唯一の例外ではあったが、それでも多くを語っている姿は見たことが無かった。

「今のが例の仔馬を探してると言うお前の幼馴染か!?」

「そうです」

「何か変わった娘だな!?」

シドがそう言うとゼロが口を挿んだ。

「・・・・あれは女なのか!?」

「男に・・・・見えたのか!?」

普通に女の口調だったし、どう見ても女にしか見えなだろうとシドは思った。

「男のナリをしている。その手の趣味の者ではないのか?」

そう来たか!
普段から女の存在に対して否定的な分、思考がそう言う方向に捉えがちなのだろうと推察した。

「貴方らしい・・・・。でも、嫌ではありませんか!?」

「そう言う問題ではない。私は差別をした事はないぞ」

確かに騎士の中にもその様な者は居たが、その事で咎められた者は一人も居なかった。

「しかし女は嫌いなんだ」

「目障りだ」

矛盾していると思うが敢て口にはしない。

「ザビーネ様だけ特別か」

「あれは女ではない。母だ」

「・・・・他の者は!?」

「論外」

「彼女はどう!?」

そう言われてゼロは少し考え込む。

「・・・・今は・・・・必然・・・・だな」

「目障りではないのか!?」

「役に立つ」

シドもこれは凄いと思った。
ゼロの女に対する感覚はこの10年、年を重ねる毎に更に歪んで来ているとずっと思ってきた。
他の者に自分の主観を押し付けたりは決してしないが、傍から見れば迷惑な話である。
若い男が多いこの集団で、女の話題を誰も口にしない。
主がこれだと下の者はどうしてもその傾向に囚われがちだ。
自分も決して女が嫌いな訳では無いが、王宮を去って2年、以前ほど目が向かなくなって来たのは事実だ。

「エル、あの娘使えるぞ!」

シドが何か策を講じているようだった。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第6章5》】へ
  • 【パウリンの娘《第6章7》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

いいよ~!
きっとローレライだけ特別になるんだねv-238
そういう設定大好物です^^

HANON.H様 

あっ、バレテる!? さぁ、どうかしらぁ~(笑)
でも、これが中々の一筋縄ではいかないんだけど(かなりジレジレ)温かく見守ってください^^;

NoTitle 

どこから歪むか・・・の問題もありますけどね。
ゆがみはどっからか歪むものでそれまでの人生観が分かってくるものですね。キャラクターは年輪みたいなものですからね。
どちらかというと、上杉謙信の感覚に似ているともいますけどね。
上杉謙信は姉が素晴らしい女性すぎて、それ以外の女性に興味がなかったと言われていますしね。

LandM様 

ゼロの女性に対する歪みの原因はどの場面だったか既に記憶はありませんが、幾つかの場面で明かされます。(私的には同情したくなります^^;)
母に対しての特別視は上杉謙信程ではありませんが感覚としては似ている部分はあるかもしれませんね。

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第6章5》】へ
  • 【パウリンの娘《第6章7》】へ