「パウリンの娘」
登場人物&リンク付きあらすじ

パウリンの娘 《登場人物紹介》

 ←パウリンの娘《第32章8》 →作ってみました&今後の予定♪

【ローレライ・オーロラ・アシュド】17歳
 イシュラル領主アシュド伯爵家の長女。不思議な石、パウリン(紫水晶)を持って生を受け、その数奇な運命に翻弄される。人を疑う事を知らない聡明な娘。

【アイスラント・ゼロード・フォン・オードラル(ゼロ)】27歳 
 宰相オードラル公爵家の跡継ぎ。2年前に王宮を去り騎士仲間とブラックナイトと言う謎の集団を結成する。素性を隠しローレライに協力する。母は元皇女。元騎士副団長。姉が二人いる。女嫌い。

【シザーレ・ドナヒュー(シド)】26歳
 子爵家の長子。ブラックナイトの主力メンバーでゼロの側近。騎士見習い時代アイスラントと共に騎士団長を師と仰ぐ。元正騎士隊総隊長。

【フリードル・エルバゾーレ・フォン・シュタイン(エル)】21歳
 侯爵家の長子。ブラックナイトの主力メンバーでゼロを師と仰ぐ。ローレライとは母親同士が従姉妹で親戚関係にある幼馴染。元近衛騎士総隊長。

【ハビロード・フォン・ブルーバード(ハビ)】31歳
 男爵家の次男。ブラックナイトの主力メンバーで騎士団長オーラルの愛弟子の一人。妻子が我王政権の犠牲となり王と皇太后を憎んでいる。祖父は調薬学の権威。自らもかなりの知識を持つ。

【ブレイン・フォン・ルナシード(レイ)】30歳
伯爵家の次男。ブラックナイトの主力メンバー。ハビロードとは旧知の仲。幅広い交友関係があり情報収集にかけては右に出る者がいない。

【ルシオン・シーリス・フォン・アシュド】23歳
 ローレライの兄で伯爵家の長子。妹を心配して共に仔馬を探す旅に出る。

【ランドン】19歳
 ルシオンの従者。短剣の達人。子供の頃行き倒れの所をルシオンに拾われる。陰でいつもルシオンを支える。過去は謎で、何処か触れさせない雰囲気を持つ。

【サビエル】
 ブラックナイトの仲間。フリードルの配下。騎士時代はフリードルの右腕と言われていた。一代限りの士爵の称号を持つ。実家は宿屋を営んでいる。

【ミゲル・オルデグオ】
 ブラックナイトの仲間。フリードルの配下。子爵家の次男。

【タウリン】
 ブラックナイトの仲間。シザーレの配下。

【クランケ】
 ブラックナイトの仲間。シザーレの配下。

【メイテル】18歳
 ローレライの侍女。お嬢様を溺愛している。

【ザビーネ・オーロラ・フォン・オードラル】
 アイスラントの母で先王の姉。パウリンの継承者。現在王宮付占い師の名を持つが、その隠された能力は少数の近しい者しか知らない。

【ゼロード・オルドバ・フォン・オードラル公爵】
 宰相でアイスラントの父。先王の時代からこの地位に就いているが今は虐げられ名ばかりの状況。妻ザビーネの願いを聞き入れ心ならずも我王に許に留まっている。その目的とは?

【ザンゾール公爵】
 先王の弟でバラサインの領主。護衛集団キールを独自に持つ。聡明で良識があり、アイスラントは次期王として推挙している。

【ライサンド・ニオール・フォン・ザンゾール】(27歳)
 ザンゾール公の長子。ゼロの従兄弟。放蕩息子で過去に幾つもの凌辱事件を起こしてはもみ消し、一度父から離縁されている。今は心を入れ替えているようには見えるが?

【ニクソン・グレイブ(ニック)】
 元バラサイン護衛集団キールのメンバー。ランドンの姉フローラの元婚約者。既に死んだと思われていたのだが?

【ブレイド・ルシアン・フォン・グルバルト】(22歳)
 グルバルト公爵家の長子。下に双子の妹が居る。アイスラントの又従兄弟。初代パウリンの所有者ザビーネに並々ならぬ想いを寄せている。薬草の調合に興味がある。

【グルバルト公爵】
アイスラントの母ザビーネの母方の従兄妹。王家との関わりも深い。今までに多くの王妃とパウリンの継承者を出している名家。

【グローバル男爵夫人(マリーカ)】
 子供の頃馬車の事故で両親失う。子爵だった父の親友のグルバルト家にその後引き取られる。先王妃の侍女として王室に上がった後、グローバル男爵と結婚する。

【グローバル男爵】
 皇太后の遠縁の者。無類の女好きで非嫡子の子供が大勢いる。昔から腹黒い噂も絶えない。

【エリナ・グローバル】
 父を嫌悪している。母の良き理解者であり、ローレライともその後、関わりを持つようになる。貴族の娘としてのプライドを持っている。

【サンドラ・ドナヒュー】
 シザーレの妹。ローレライの王都での初めての友人。しっかり者で兄に似て良くできた娘。シザーレ曰くじゃじゃ馬娘。

【サザーランド国王ザラゾール】
先王の死により11歳の若さで玉座に就いた。母である皇太后を常に傍に置き我が物顔で国を私物化し浪費し続け成人する年に国庫を破たんさせた。国民からは増税を強要し続け忌み嫌われ《我王》との字名を付けられた。

【皇太后アゼリア】
 先王の妻。夫の死後、息子の後ろでいつも国を牛耳っていた。かつては先王の死について疑念を向けられていた。息子ザラゾールの出生についても疑惑が!?

【マベラス侯爵】
皇太后の父。爵位に誇りを持ち、気位が高い。何かにつけても娘への協力は惜しまない。

【ジグニード侯爵】
 マベラス侯爵の実の弟。証拠はないが常に黒い噂が絶えない。先王の死にも関わっているのか?

【ウィレム・サイナー】
 神官長の側近。

【アンデルド・サイナー】
神官長の新しい側近。皇太后と何か関わりがあるのではないかと思われている。

【フローテ・デンズワース伯爵夫人】
 アイスラントの2歳上の姉。年下の夫と熱愛結婚。かなりのヤキモチやきで毎月家出をしては実家に居座り連れ戻されるを繰り返している。

【ウェラ・オイゲン伯爵夫人】
アイスラントの8歳上の姉。アイスラントの誕生により長子として公爵家を継ぐことを許されなくなり逆恨みしている。北の領主オイゲン伯爵の許に嫁ぎ息子が二人いる。気が強く傲慢。

【グローリア子爵夫人】
 元ウェラの侍女。息子が一人いる。アイスラントとの間に過去何か関わりが?

押して頂けると励みになります^^

にほんブログ村




総もくじ 3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ 3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第32章8》】へ
  • 【作ってみました&今後の予定♪】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第32章8》】へ
  • 【作ってみました&今後の予定♪】へ