パウリンの娘

パウリンの娘《第8章1》

 ←パウリンの娘《第7章6》 →パウリンの娘《第8章2》
翌日、朝食を終わるとフリードルから部屋へ呼ばれた。

「1階の階段脇の休憩室の奥に倉庫がある。扉の左側の壁少し押して横にスライドさせると壁が開く仕組みになっている。人目に付き難い場所だがくれぐれも入る時は気をつけてくれ 」

昨日話していた“例の部屋”への入り方の説明を受けた。

「集団で入ったのでは人目もあるから様子を見ながら個別に入ってくれ。サビエル頼んだぞ」

「はい。お任せください」

そう告げるとフリードルは先に用事があるからと部屋を出て行った。

ローレライの護衛に今日はサビエルが付いてくれ、その後も皆が階段奥へ入るタイミング等を判断し見届けてくれる事になっている。
休憩室には別の仲間が配置されており、誰か出て来そうな時はサビエルに合図を送ってくれるらしい。
入る順番は先ずローレライ、その後ルシオン、ランドンと続いて入って行く事になった。

30分後、ローレライはフリードルから言われた通りサビエルに見守られながら階段奥へと進んでいく。
言われた通り、倉庫の扉を見つけるとドキドキした気持ちを落ち着かせようと大きく深呼吸すると左の壁を少し押し、スライドさせようとしたが上手く出来なかった。
もぅ一度試みようとした時、扉は内側から開き黒衣の男がローレライを招き入れると直ぐに閉められた。

「ローレライ様ですね。エル様からお話は伺っております。この階段を下へお進みください」

フリードルが上手く開けられない事を見越して仲間を配置してくれていたらしい。
言われた通りにローレライは石畳の階段を下へ下へと降りて行った。
そこは石畳の広い空間で、この宿の下が全て地下室になっている事を伺わせた。

「ローレライ、大丈夫だったようだな」

フリードルがそう言ってくれてホッとする。
ゼロとシド、他にも黒衣の男が数人いた。
その後、ローレライと同じ場所からルシオン、ランドンと時間差で降りて来ると最後にサビエルが降りてきて全員が顔を揃えた。

「ここが昨日言ってた“例の部屋”だ。我々“ブラックナイト”の地下支部の一つでもある」

フリードルが重々しく言い放つ。

“ブラックナイト!?”

「ブラックナイトは元王宮騎士の集まりで、現王に対し異議を唱えた言わば反逆集団だ。その真意は今は明かせないが、今回仔馬窃盗の件でこの支部が全面協力する事になった。既に数名の者が他に調査に向かっている。当初私が示唆した市の競売の件はこちらで調査する。次の競売は9日後に行われるようだ。それまで競売に参加する者の調査に協力して貰うが、先ずローレライはゼロから短剣の使い方の指導を受けてくれ。他の者はこちらに」

そう言うとゼロとローレライ以外の者は暖炉の傍に置かれた座卓の前に集められた。

ローレライはゼロの前で宜しくお願いしますと深々と頭を下げると反対側の一角に移動した。

「私が教える以上半端は無しだ。やる気が無ければ切り捨てる。良いな!」

「はい」

ローレライは身を引き締める。

対側の壁には大小さまざまな剣が置かれていた。
ゼロはその内の一つに迷わず手を伸ばした。

「この剣がこの中で一番軽い。持ってみろ」

そう言われて手に握りしめ普通に軽く振ってみた。

「・・・・全然違う・・・・」

「ごめんなさい」

「謝るな!」

ローレライは最後まで本当に教えて貰えるのだろうかと少し不安になった。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村



総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第7章6》】へ
  • 【パウリンの娘《第8章2》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

じれじれで進まなくてもいいから
二人でいるとこがやっぱり読みたい~v-238
気持ち誤解とかもいいよねぇ(笑)
ああ~!人の話って楽しい~^^

HANON.H様 

楽しく読んで頂けているようで嬉しいです^^
この先二人の話が続きますよ~♪
思い違いもあるかな!?
気持ちの誤解は特大のものは終盤に!(笑)
お楽しみに♪

NoTitle 

ああ、そういえば、王女とかにしても護衛されている人は入り方とかもありますもんね。もし護衛者が一人だったら、護衛者の前を歩くとか。そういうのはありますよね。護衛者の後ろにいたら、瞬間的にさらわれても気付きにくいという理由があるからなんですけど。

LandM 様 

そうですね。基本一人の場合は背後に警護が付きますよね。
状況によって色々変わってきますが。
やはり後ろからが一番狙われやすいですものね。

いつも有り難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第7章6》】へ
  • 【パウリンの娘《第8章2》】へ