パウリンの娘

パウリンの娘《第9章2》

 ←パウリンの娘《第9章1》 →パウリンの娘《第9章3》
ルシオンがランドンに出会ったのは6年前、17歳の時だった。
父の名代で王宮に出仕した帰りに傷を負った行き倒れの少年を保護した。
それがランドンだった。
屋敷に連れ帰ると自室に連れて行き看病した。
ローレライも野花を摘んで来ては早く良くなってねと毎日のように顔を出していた。
行く所が無いと言うので以来ランドンを傍に置き15歳になった時に正式に従者に雇った。

「お前バラサインの出身だったのか!?」

「はい・・・・。口に出せばご迷惑がかかる事になるかと思い、今まで伏せていました。申し訳ありませんでした」

そう告げると深々と頭を下げた。

「今になって何故急に口を開く!? 今の話はバラサインの出身と言うだけで知り得る事では無いだろ?」

「流石です。ゼロ様」

ゼロはローレライが最初に短剣の逆手持ちをした時に見せた独特な構えにずっと懸念を抱いていた。

「お前は何者だ!? ・・・・もしかしてキールの!?」

そう口にすると表情は一瞬にして鋭くなる。

「ご推察道理です」

ランドンが喋り終わらぬ内にゼロは剣を抜くとランドンの喉元に突き当てた。

「おい! 待てよ!! 何の話だ!?」

「ゼロ! 止めて!!」

ルシオンとローレライが必死に止めに入る。
その声に気付いたフリードル達も集まりランドンは皆に囲まれた。

「剣を降ろせよ! 失礼だろ!!」

ルシオンが必死になってランドンを庇い立てする。

「いいですよ。このままで。とにかく私の話を聞いてください。その後でどうするかはあなた方の判断にお任せしますから。どうせ一度は失いかけた命です。ルシオン様やお嬢様のお役にたてるのならばどうなろうと本望です」

「では、その話とやらを聞こうか」

ランドンの言葉に嘘は感じられず、ゼロはそう告げると剣を収めるが、周りはまだ黒衣の男たちに囲まれたままだった。

「有難うございます」

深々と頭を下げるとランドンは昔話を始めた。

「私の父はバラサインの護衛集団キールの団長でした。私は幼少期から父の下で剣を習い何れは父の後を継ぐつもりでいました。あの事件が起こるまでは・・・・」

「事件!?」

皆が口を揃えるとランドンは重い口を開いた。

「私には3つ上に姉がおりました。当時領主のご息女が侍女を探しており姉は花嫁修業になるのならばと1年間の期限付きで侍女として屋敷勤めを始めました。姉にはキールの中に婚約者がおりましたから。しかし屋敷に上がって間もなく姉に目を付けたライサンドが手を出し・・・・失意の姉は屋敷の窓から飛び降りたのです。・・・・後は散々でした。婚約者はライサンドを襲いましたが未遂に終わりその後暗殺されたそうです。父は責任を問われライサンドの目の前で自ら首を切りました。その後母も心労から体を壊し間もなく亡くなり・・・・それは残された私がライサンドを恨むには十分の理由でした。亡き者にしようと試みましたが当時13歳の私には力不足で果たされる事無く追っ手を逃れる為に逃げ回り、行き倒れている所をルシオン様に拾われました」

「・・・・ラン・・・・ドン・・・・何も知らなくて・・・・気付いてやれなくて今までゴメン・・・・」

ルシオンが苦しそうに拳を握りしめて歯噛みする。
誰もが言葉を失い、ローレライはとめどなく溢れる涙を抑える事が出来なかった。

「ルシオン様、そんな顔をなさらないでください。私はルシオン様に救われて幸せでした。迷惑がかかるから言えなかったのもありますが、貴方がそんな顔をなさる事が分かっていから言えなかったのも理由の一つなのに・・・・」

ランドンがルシオンにフッと微笑みかける。

「生まれ育った土地に思い入れもありません。今のイシュラルが私の愛する地です。ルシオン様やお嬢様、私に良くしてくださったイシュラルの方々に感謝しています。そして何より・・・・今でも私はライサンドを憎んでいます。一度は心の奥に沈めたつもりの思いですが、もし・・・・ドレアスを救う為にライサンドを殺れと言われれば、私は喜んで使命を全うさせてみせます! 元々バラサインでは罪人の身。どんな罪でも被りましょう。その思いこそを私が敵では無いと言う証明には出来ないでしょうか?」

「説得力はある。嘘を述べているようにも思えん。ライサンドの手癖の悪さは周知の事だ。お前のルシオンへの忠誠心も信じられる。だが、一様調べさせる。エル! 」 

「はい。承知致しました」

そう告げるとフリードルは黒衣の男たちを集めてまた談合を始めた。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村



総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第9章1》】へ
  • 【パウリンの娘《第9章3》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

寛容さというのはあると思います。
ローレライにしてもそうですが、王族になると地方出身だとか、貴族出身はどうでもいいと思います。そんなに身分の違いを感じないからです。その人が自分に忠誠を誓っているかどうか。それが大事であって、身分を大事にしないんですよね。むしろ、身分を気にしているのは貴族なんですよね。王族よりも。

LandM様 

そうですね。ここでの設定的には王都近郊に屋敷や別邸を構えている、いわゆる城に多く出入りする者、若しくは何らかの理由をつけてヒョコヒョコやって来る連中はかなり身分を気にしている者が多いです。
勿論遠くでコソコソやっている連中も居ますが^^;

その反面ゼロやローレライ周辺には居ません。と、言うより関わりをあまり持たないようにしています。
この二つはモロ考え方が違うので、一生相容れる事はないと思います。

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第9章1》】へ
  • 【パウリンの娘《第9章3》】へ