パウリンの娘

パウリンの娘《第9章6》

 ←パウリンの娘《第9章5》 →パウリンの娘《第10章1》
開催詰所が開く1時間前からランドンは市に赴き詰所に一番近い角の露店商の店番に扮していた。
店主とは昨日の時点で既に交渉済みで3日間で通常得られる売上金を支払っていた。
借りる期間が1日で終わろうと払い戻す必要はない事と、当日の売り上げも自分の手元に入る事から店主は二つ返事で承諾してくれた。

ランドンの両側には監視と称しフリードルとサビエルが置かれていた。
少しでも見知った者を傍に置いたのは、せめてもと思ってのゼロの配慮だったのかもしれない。
他にも離れた所に配下の者達が置かれており、何があろうと対策は万全だった。
しかし、一日目にはそれらしき人物は姿を見せず、二日目になってもそれは同じだった。
その日の夕刻、バラサインに送られていたミゲルが帰って来た。
調べの結果、ランドンが述べた事がほぼ事実であった事が告げられ、ランドンは晴れて自由の身となった。

「悪かったな」

「いえ。あの状況では当然の事ですから」

ランドンは気にする様子も全くなく、最終日の計画にそのまま加わった。

ランドンが表情を変えたのは3日目の午後だった。

「・・・・今詰所に入って行った者、ザクソンではありませんが、見知った者に良く似て・・・・」

でも、まさか・・・・。
ランドンはその目を疑った。

「誰だ!?」

「ニクソン・グレイブ・・・・姉の婚約者だった男です」

「報告によるとニクソンは既に亡くなった事になっています」

フリードルが補足する。

「ええ。私もそう聞いています。しかし髪の色は違いますが本当に良く似ているのです」

「よし。とにかくあの男の後を追わせろ。ランドンは引き続きザクソンを探してくれ」

「はい。分かりました」

結局、この日もランドンはザクソンの姿を見つける事が出来なかった。

「申し訳ありません。何のお役にも立てずに・・・・」

「いや。あのニクソンに似ていると言う男、何かあるかもしれん」

「今バラサインの方角に向かっているそうです。とにかく報告を待ちましょう」

フリードルがそう告げた。


数日後、帰って来た者の報告でニクソンに良く似たと言う男はバラサインのプリムナド牧場に3年前から雇われているニックと呼ばれている農夫である事が分かった。
流れ者で過去の素性は誰も知らず3年前にバラサインに来てそのまま農夫として移り住んだ者らしい。

「ニクソンの愛称はニックでした。姉も私もニックと呼んでいました」

「偶然とは思えませんね。どうされますか?」

フリードルがゼロに問う。

「行ってみるかバラサインへ。でも、その前にランドンを先行させよう」

「ニックって農夫と会わせるのか!?」

シドも何か気付いた様だった。

「ああ。関係無ければそれでいい。しかし、もし本当にニクソンならばこちらに引き入れられるかもしれん。奴は今ザクソンの信頼も厚いようだし、農場で作られた飼料はザンゾール公の屋敷で使われている。上手くいけば厩舎にも潜り込めるかもしれん」

「危険はないのか!? ランドンにこれ以上変な真似はさせられない」

今回の件で、ランドンには今までにない負担をかけてしまったとルシオンは思っている。

「大丈夫です。そう心配なさらないで下さい。何かあっても私の周りには戦いのプロが付いていますから。それに私もそう易々とやられませんよ」

ランドンがにっこり笑ってそう言った。

「私が同行しても宜しいでしょうか!? 何かあればランドンは私が守ります。ルシオンもその方が安心できるでしょう」

子供の頃から知っている自分がランドンを守ると言えばルシオンも一番安心してくれるであろうとフリードルは考えた。

「良いだろう」

「有難うございます。これなら良いか!?」

ゼロの了解を得るとルシオンに問う。

「ランドンを頼む・・・・」

ルシオンが深々と頭を下げた。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村



総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第9章5》】へ
  • 【パウリンの娘《第10章1》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

色々絡みがいっぱいだね~!
早く突っ走って欲しいけど(笑)
じれじれ絡みを楽しみに待ちます^^

はのん 様 

予定外にランドンの過去絡みが多くなってしまいました^^;
ランドンとバラサインの関連は最初から決めてたんですがここまでは想定外でした(笑)
でも、お蔭で進めやすくなりました。
全てはバラサイン♪

NoTitle 

かなり他の人の思考がうごめくのが、この世界ですからね。
従者は従者で動いて、それで誤解が誤解を招くこともありますからね。結構、絡みが多いのが上の世界ですね。

LandM様 

そうですね。
従者としては主を、妹君の悩んでいる姿を見過ごせなかった訳ですが、蔓延る問題が大きいと色々難しい問題も出て来るものです。
この問題は解決に時間を要します。

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第9章5》】へ
  • 【パウリンの娘《第10章1》】へ