パウリンの娘

パウリンの娘《第10章3》

 ←パウリンの娘《第10章2》 →パウリンの娘《第10章4》
先王の時代まで額に三日月の白斑の馬は足も速く、持久力もあり、頭も良い三拍子揃った名馬で王家の馬として珍重されており、その名馬の噂は他国でも有名であった。
交易のある国々から今まで何度となく譲ってくれとの申し出はあったが、これを前王は断わり続けていた。
初代サランドル王から受け継がれ血統を守り育てられている名馬。
それも王族に近い者しか代々与えられていない名馬を他国に出す訳には行かなかった。
我王も馬に興味はないまでも暗黙に了解しているようだった。
それが屋敷に出入りしている交易国の者からの一言で我王の考えが変わったのだ。
その者は自国の王に世継ぎが生まれたお祝いに是非名馬を分けて貰いたいと言い出したのだ。
それが叶えられたら今までの借金はチャラにしても良いとまで言い出した。
我王は早急に探し出して渡すことを約束した。
その話を王宮に上がった時に聞かされ、ライサンドはより王宮での地位確立の為に何としても自分が名馬を手に入れようと思ったらい。

ライサンドが献上品にと探していたのをザグソンが聞きつけた。
ザグソンに誰よりも早く何としても情報を掴むように言われ、ニックは怪しまれずに少しでもライサンドに近付く為にザクソンに目をかけて貰えるようにと純種の血統馬を必死で探し回り、やっと見つけ出したのがドレアスだった。
早速ライサンドに報告したザグソンはライサンドから信頼できる者をやるから首尾よく動けと言われ、その者に全てを託したそうだ。
ザグソンはニックに道案内をさせ、盗みに入ったのはライサンドが寄こした者達であった。ライサンドは寄こした者が何者かは告げなかったらしいが、元キールに居たニックはアシュド邸に盗みに入った者達の手口や行動でキールの者だと確信したらしい。
難なく仔馬が手に入るとライサンドの機嫌は更に良く、ザグソンも今まで以上に屋敷への出入りを許された。
ザグソンからの信用を得たニックは、段取りは順調に進んでいると思っていた。
ザグソンに付き添い屋敷の出入りも許されるようになっていた。
より信頼を得た頃合いを見てライサンド暗殺を実行するつもりでいた。

ザグソンはライサンドから足がつかぬようにカモフラージュに使った仔山羊は早々に始末するように言われたらしい。
当初、仔山羊を牧場に連れ帰ると直ぐに言われた通り処分しようとした。
だが夫人から金になるのにみすみす殺すのは勿体無いと言われ暫く牧場に置く事にした。
夫人は自ら調べて競売の事を聞きつけると、夫には内緒で処分した事にし、ニックに頼み自分に目が向かぬように今度は旦那の名前を使って競売に出したと言うのが今回経緯だった。

「あの強欲な夫人に感謝しなくてはなりませんね」

サビエルがクスリと笑った。

「本当だな。ミゲル、早速で悪いがゼロ様に早馬を出してくれ」

「招致致しました」

そう告げるとミゲルは早々にバラサインを後にした。


ニックの目的は唯一つ、ライサンドの暗殺だった。
こちらの主も6年前のライサンドの所行を不問にするつもりは毛頭ない事をニックに告げるとランドンの説得もあり、こちらに協力する事を約束してくれた。
検証はしていないので何とも言えないが、ニックの話が全て本当ならば公爵家の跡継ぎと言えども謹慎で許される程度の所行ではない。
確実に実刑が科せられるはずだ。
ただ、我王は自分に媚び諂う物に者にかなり寛大であるから現我王の政権下では闇雲にされる可能性もある。
聞き及んでいる前王の時代ならば良くて投獄、流刑、もありえる話だ。
ゼロ様は、ゆくゆくは我王を引き摺り下ろし、聡明なザンゾール公を新王に就けることをずっと望まれていた。
しかし、こうなってはそれももぅ難しいだろう。

“ゼロ様が新王に就いてくれれば・・・・”

ゼロ様は己の保身の為に我王を討つ等、決して自ら豪でそのような事はされないだろう。
生粋の騎士だからこそ自分が仕えるに値する主君の許で働きたいと願っている人だ。
その事を十分に分かっているはずのフリードルだが、今はそう考える以外妙案は思いつかなかった。


バラサインから早朝、まだ陽が昇る前にトランゼに到着したミゲルはその足でゼロ部屋に赴いた。
直ぐにシドを呼ぶように言われ、呼びに行くと二人で再びゼロの部屋を訪れた。
ミゲルが事の詳細を報告するとゼロが決定を下した。

「公爵に正式に来訪する旨、書状を出しておけ。内容はそうだな・・・・避暑に友人と近くを訪れたからついでに顔を見に寄るとでも書いておけ」

「いよいよか! 腕が鳴るな」

シドはとても楽しそうだ。

「しかし、公はこの件に関して何も知らないのであろうか? 今回の事は知らぬにしても、今までライサンドが行ってきた所行を全く知らぬ筈はあるまい。その事に関して何の手立てもしておらぬならば酷い話だ。私の今までの計画は諸刃となり消えゆくかもしれん・・・・どうしたものか・・・・」

「今考えるのは止せ。全ては行ってからだ」

「そうだな」

全てはこれからだ。
ゼロは拳を強く握った。

夜明けと共にシドは配下の者にゼロの書状を持たせてバラサインのザンゾール公の屋敷と、エルの許にそれぞれを届けさせた。

仮眠を少し取り、地下支部に姿を現したミゲルは再び皆と合流した。

「そう言う事でザンゾール公の屋敷に行くのはゼロと私にそこの兄妹とエルの5人、それに従者として配下の者3人に就いてもらう」

今回ゼロ、シド、エルは王宮で既に名前も知れているから本名での滞在になるらしいが、その代わりローレライとルシオンはアシュド伯の子息、息女と分かると不味いので偽名を使う事になった。

「じゃあ、俺がシオンでレライはレライで良いでしょ。紛らわしくないし」

「駄目だ。調べられたら不味い。パーシーとサンドラだ」

「何故!?」

「喜べ。私には下に弟と妹が二人ずつ居る。パーシーは今22歳でサンドラは16だ。年も近いしそう言う事にしておけ」

姿は似ていないが、髪だけでも似せれば少しはとりつくれると言われ、ローレライとルシオンは髪の毛をシドと同じ暗めの茶髪に染め上げた。

「いよいよか! 何だか楽しみだな」

ルシオンは本当に避暑にでも行く気なのか!?
この陽気さはある意味良いカモフラージュになるかもしれないとシドは思った。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村



総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第10章2》】へ
  • 【パウリンの娘《第10章4》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

馬は結構血統が大切ですよね。
いきなり新星のごとく現れた名馬の血統ではない馬はなかなか種馬になっても、よい子どもはうまれないですからね。。。それを考えると、色々と血統で決まってくるのも・・・まあ良いのは悪いのか。馬にとっては、分かりやすいですからいいですけどね。確かに昔であれば、王族・貴族の御用達の血統もあったでしょうね。

LandM様 

そうですね。
現在も競走馬などはほぼ血統で生まれた時から値段も違ったりしますよね。
名馬の子だからと言って子供も全員名馬にはなりえません。やはりその中から名を上げられるのは一握り。
時代の背景と色々と考えて今回馬と言う設定にしました。

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第10章2》】へ
  • 【パウリンの娘《第10章4》】へ