「パウリンの娘」
パウリンの娘 《番外編》

2013年Xmas特別企画/幸福の在処3~パウリンの娘番外編~

 ←2013年Xmas特別企画/幸福の在処2~パウリンの娘番外編~ →2013年Xmas特別企画/幸福の在処4~パウリンの娘番外編~
手紙を貰ってから3週間後、王が遠方視察に出かけた。
手紙の主である重鎮の一人マグナーヴェル伯爵の仲介の許、渦中の人、グローリア子爵未亡人をナサニアの別邸に招いた。

「グローリア様、遠い所わざわざお来し頂き、ありがとうございます。アイスラントの妻ローレライです」

敢て、王とも王妃とも告げない。今はプライベートの場だ。

「サーベラとお呼び下さい王妃様。これが一子レオナードです」

「初めまして・・・・」

見た目年齢より幾分小さいだろうか? 小柄な少年は仏頂面でそう告げた。
アイスラント程濃くはないが黒髪に、ブルーの瞳。
瞳の色は母親譲りだろう。顔立ちはアイスラントに全く似ていないが、何処となく雰囲気は似ているかもしれない・・・・。

「この御子が!?・・・・」

「はい」

何と言って良いか分らない・・・・。
夫人の事は多少自分も調べた。3年前に子爵が亡くなり、今は未亡人となっているが子爵家に嫁いだのは9年前。子の年齢が11歳ならば子爵との間の御子で無いのは明らかだった。

「子爵はこの内情を御存じだったのですか?」

「はい。全て知った上で私を受け入れて下さいました。優しい夫でした・・・・」

「・・・・そうですか・・・・」

ローレライは現実を受け入れようと必死だった。
そこに伯爵がもぅ一つ爆弾を落とした。
もう一点報告しなければならない事があると言うのだが、それは一体どのような要件なのだろうか?

「今度は何でしょうか?」

もう余程の事がない限り驚く気すらしなかったのだが・・・・。

「・・・・実は、手紙を認めた折には知らなかったのですが、ここにお連れする折、大変な事実が判明致しました」

「・・・・大変な・・・・事実!?」

とても嫌な予感がした。

「・・・・実は・・・・」

伯爵はハンカチで額の汗を何度も拭いとても言い難そうにしている。
すると夫人が言葉を口にした。

「・・・・4か月になります」

「はい!?」

夫人が何を言っているのか分らなかった。

「・・・・お、男と申しますのは時には不実な生き物にございまして、やはり長きの視察や遠征となりますと、その・・・・致しかた無いのでございます・・・・」

「・・・・何を言っているの!?」

伯爵の何か被せたような物言いに胸の鼓動が早くなり、苦しくなるのを感じた。

「実は、我が領地に視察に訪れた折、屋敷にお寄り頂きまして・・・・。昔話に花が咲き、懐かしさに絆されてしまいまして、つい・・・・」

夫人はとても言い難そうに、少し恥じらいながら言葉を口にした。

「・・・・では、まさか、お腹の御子は・・・・」

「・・・・申し訳・・・・ございません・・・・」

相手の名を口にはしなかったが、夫人は本当に申し訳なさ気に重々しくその言葉を口にした。

全てが終わりだと思った。
伯爵からの手紙には終盤、直接的では無かったが、遠回しに、自分に子が難しいのであれば、子爵未亡人を側妃に推薦してはどうかとも書かれてあった。

自分との1年半もの結婚生活の中で子が授からなくとも、この夫人との間には既に一子おり、更に1度の過ちで既にもう一人御子を授かったというのか!?
それは、自分にアイスラントの子を産めないのかもしれないと言う喪失感と共に、夫の裏切りと言う二重の仕打ちをローレライに齎した。

「お、王妃様、お気を確かに!!」

夫人の強い香水の臭いと、余りのショックと緊張からか、酷い吐き気と共に、その場でローレライは意識を手放した。

もう城には戻れない・・・・。
アイスラントの許には・・・・。

押して頂けると励みになります^^

にほんブログ村



総もくじ 3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ 3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【2013年Xmas特別企画/幸福の在処2~パウリンの娘番外編~】へ
  • 【2013年Xmas特別企画/幸福の在処4~パウリンの娘番外編~】へ

~ Comment ~

NoTitle 

待てっローレライさん、こんないかがわしい話を信じるなんて、あなたどこからどう見ても想像力過多にすぎるぞ!(^^;)

「女房が 妬くほど亭主 遊びせず」

だぞ!

というか、「敵」のいうことだけを信じて「味方」を疑うというのは平成ライダー井上敏樹脚本の見すぎだぞ!(^^;)

面白いからいいけど(爆)

ポール・ブリッツ様 

そうですね。読み直ししていて、「ローレライだからな」と思いました。
「記憶の~」のヒロインならば引っかからないと思います(笑)

そうそう、あの旦那に限って有り得ません!!(笑)

キバとかの脚本の人ですね。555もこの人ですっけ?息子の影響で平成ライダーも分かるようになりました。特に電王以降はかなり詳しいです(笑)

いつも有り難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2013年Xmas特別企画/幸福の在処2~パウリンの娘番外編~】へ
  • 【2013年Xmas特別企画/幸福の在処4~パウリンの娘番外編~】へ