パウリンの娘

パウリンの娘《第11章4》

 ←パウリンの娘《第11章3》 (※R-15一部有) →パウリンの娘《第11章5》
「これは、どうゆう事だ!?」

「見ての通りです叔父上」

裂かれた夜着に男物の上着がかけられ、甥の腕を掴んで震え涙する妹を労わるパーシー殿の姿、床に倒れている息子、そして震えながら何度も謝る侍女の姿を目にし公爵は全ての事を理解し頭を抱えた。

「・・・・またなのか?」

項垂れるその姿に同情を禁じ得ないが、今のゼロにはそれを汲み取ってやれる余裕は無かった。
今はどの感情も切り離し、どうしても告げなければならない事があった。

「ライサンドの所行は6年前のあの事件から全く変わっておりません。その後も手を出されて泣き寝入りした者や死に追い込まれた者が何人居る事か・・・・。中には子を成している者もおりますが、捨て置かれたとの事です。この件を叔父上はどのように対処されるおつもりですか?」

公爵にそう問うている時にライサンドが意識を取り戻した。

「・・・・いてー・・・・っ」

頬を押さえ立ち上がると父を見つけて縋り付く。

「ちっ、父上!! アイスラントに殺される!!」

公爵は怒りに満ち悔しさを押し殺すように拳をギュッと握った。

「お前はどの面下げてそんな事を申しているのか!?」

周りを見渡し状況を察知した。

「騙されるな! これは罠だ! 私は被害者だ!!」

呆気に取られて耳を貸す者など誰も居ない。

「まだ言うか!」

その拳がワナワナと震え出し振り上げられた時、項垂れていた侍女が“やめて!!”と言葉を口にした。

「ライサンド様はそんな御方ではありません。本当に優しいお方で・・・・私にもとても良くしてくださって・・・・。お嬢様に後でお部屋に来るように言われたと仰ってました。お話しするだけだって・・・・。変な誤解をされたくないから二人だけの秘密だって・・・・。心配だったけれど、一番大切なのは私だけだって仰ってくださったんです。信じてたのに・・・・なのに撫ぜ!?・・・・どう言う事!?・・・・」

そう告げると再び泣き崩れ、嗚咽を伴った悲痛な声が室内に響いた。

「・・・・ライサンドの罷免を陛下に進言しよう。今後私の領地内に立ち入る事も禁止する。既にいると言う子供とその母親は屋敷に呼び寄せる。母親を正式に私の養女とし、その子供に跡を継がせる。これで許されるだろうか・・・・」

「父上! 話を聞いてください。私はこの者からサンドラが部屋で待っているからとそそのかされて。私は嵌められたのです!」

「そんな!! それは嘘です! 私からそんな事、絶対に言っていません!! 酷い! 信じてたのに・・・・」

侍女の泣き声が更に響き渡る。
皆、呆れて返って言葉も出なかった。
すると公爵が重い口を開いた。

「これ以上私をがっかりさせてくれるな。誰が見てもお前の所行は明らかだ」

「父上・・・・しかし、本当に私は・・・・」

「シザーレ殿、済まぬ。地下牢に入れるでも何でも後はそなたの好きにしてくれ」

公爵は兄と思っているシドにそう告げ頭を下げた。
シドは、今はサンドラ嬢の兄としてライサンドを拘束すると後の事をタウリンに任せた。タウリンは深く頷くと拘束されたライサンドを地下牢へと連行する。

「・・・・父・・・・上・・・・」

息子の呼び声に、もはや公爵が振り返る事は無かった。

公爵は息子の罷免と領地からの追放を約束したが、ライサンドの所行はそれだけで許されるべき事なのだろうか?

「叔父上・・・・許されるかどうかは私が決める事ではありません。しかし、これがもし前王の時代でしたら国外追放、投獄、事の状況によっては死罪にされても可笑しくはない所行と思います。現時点で叔父上にそこまでの覚悟がおありならば、明日のお茶の席に叔父上もご出席下さい。そこにライサンドの子と母親、そしてその他の所行を進言したいと言う者が来る事になっております。その上で最終的な判断を下されても良いのでは?」

「そうか。そうだな・・・・そうしよう・・・・」

そう告げるとローレライと侍女に詫び、公爵は部屋を後にした。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村




総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第11章3》 (※R-15一部有)】へ
  • 【パウリンの娘《第11章5》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ゼロよくやった~~!(笑)
そうじゃなきゃないけどねv-218

R指定は悩みますね…^^;
境界線が私も分かりませんe-263

はのん様 

ゼロが助けたことがポイントの一つでした^^
さぁ、これによっていよいよゼロの反応がどう出るか!?(笑)

R指定かかるような、かからない様な・・・・??
未遂だし、服破れただけだから付けなくても良いのかなとも思いましたが、知らずに読まれて不快な思いをされる方がいても悪いので保険の意味で結局R指定にしました。
本当に境界線は難しいです^^;

NoTitle 

基本的に文章媒体だけで指定はありませんけどね。官能小説だって、本屋に普通の売っているのはそのためです。何で絵がダメで文章は良いんだ!!って話はありますが。
・・・鍵か。

LandM様 

そうなんですか!? 全く知りませんでした。そうなんですね。
表現内容によっても付けられるものと思ってました。
色々ネットでも調べたり、文面のみでのR表記基準を作られてある所も幾つかあり、調べてみましたが判断基準があいまいで、かなり悩みまくりました。
表現内容としては今後も悩ませられる課題になりそうです^^;
いつも色々と有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第11章3》 (※R-15一部有)】へ
  • 【パウリンの娘《第11章5》】へ