ずっと心に決めていた

ずっと心に決めていた《51.熱 情3》R-18

 ←ずっと心に決めていた《50.熱 情2》R-18 →ずっと心に決めていた《52.混 迷1》
彼の口から零れる甘い声と息づかいがとても耳に心地いい。
時折苦しげな表情を覗かせて『すまない……』と自嘲気味に呟くけれど、謝ってなど欲しくはなかった。
《私で感じてくれている》、そう思えるだけで嬉しいと感じられるから……。
だから気付かれないように時折襲い来る痛みをそっと押し殺そうとしていたけれど、どれだけ我慢していても、やはり息を詰まらせる声が漏れてしまう。
自分ではどうする事も出来ない、抗う事の出来ない今の状況がとても歯痒ゆくて仕方ない。
痛み以上に覆いかぶさる彼の重みと温もりがどれだけ心地良いと感じているのだとか、ずっとこのままで居たいと思っていると言う今のこの気持ちが、アレクに何処まで伝わっているのか、正直とても不安だった。
だから伝えたかった。精一杯の想いを言葉にして……。

「もっと……、もっと強く抱きしめて。貴方をもっと近くに感じたい」

「ああ、マリー……、マリー……っ」

苦し気に何度も私の名を呼びながら、唇を食まれれば喜びで身体がブルリと震える。
何度も何度も角度を変えながら次第に激しいものへと変わって行くと、自らもそれを受けぬるんだ舌を突出し口内に絡ませていた。

「ん……っ。……はぅんっ……」

もっともっとアレクが欲しい。
痛みよりも自分の心がそう叫び続けていた。

「本当に……、大丈夫だから……はぁ、もっと、アレクの好きなように……、して……ぅんっ」

「っ!!……はぁ……、マリーッ、……、だからッ、そんなに煽られると、もぅ……っ」

苦しげな言葉と同時に下肢に感じていた彼自身が大きく身体から離れて行くのが感じられ、とても寂しく思っているとその直後、再び直ぐに熱を含んだその物が奥へと押し込まれて行く。

「ああっ!!」

「……っ、すまないッ」

痛みに凝縮する中を何処か擦りつけられるようなの感触。
余裕が無さそうなのに、それでいて私の表情を確かめなるような優しい眼差しで腰を進めようとしていれる彼の労りがとても嬉しかった。
下腹部の奥で、彼自身がビクビクっと脈打っているのが感じられる。  
もしかして、私が初心だから……。

「っん、……あっ、アレクは……、はぁっ、痛く無い?」

「マリー締め付けられて、……少し痛いくらいだけど、それがとっても心地いい。より愛おしさを感じられる」

「ゃだ……、そんな事いわなぃっ、ああっ!!」

「また締め付けた。なんて可愛い反応なんだ。想像以上だ……。やはり夢と現実のマリーでは比べものにならないな」

恥ずかしいのに甘い痺れが溢れ出し、身体が震える。声をあげずにはいられない。
奥により強い感覚が沸き起こり、痛みよりももっと大きな何かが燻って離れない。

「……やっ、やぁっ……。あっ……っ、ああっ!」

動きが早くなって行く度に、奥が凝縮し何かが更に溢れて来る。
先程までとは比べものにならない何かが……。

恥ずかしすぎてとてもアレクの顔が正視できなくなり思わず胸に顔を埋めた。

「ぁ……ア……レクっ……、なんか、へんッ」

「はぁ、……大丈夫……、だから」

フッと笑みを零すとその後から追い討ちを掛けるように更に速くなって行く彼の動きに、ゾクゾクする程の痺れが全身を駆け巡る。

「やだっ、あっ、あ、……アァッ」

秘めた部分を更にぐりぐりと擽ぐられ、ガクガクと腰が震え出し最早力が入らない。

「やぁっ、おねがぃ……、も、もぅ……っ、んあぁっ」

けれど彼は止める所か小さな突起に指で触れ、突き上げながら更なる快感を掻き立てようと更に煽る。

「あ、あっ、ああーっ!!」

目の眩む程の浮遊感が全身を覆うような感覚に囚われ、その最奥に熱い飛沫を感じながら、幸福な世界に吸い込まれていった。

R度UPバージョンは、ムーンライトノベルズ様の⇒『こちら』の《51..熱 情3》をご覧ください。

押して頂けると励みになります^^

にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

※隠しリンク有り


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ずっと心に決めていた《50.熱 情2》R-18】へ
  • 【ずっと心に決めていた《52.混 迷1》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

更新お疲れ様です。
そして綺麗で微笑ましいHシーン、お疲れさまでした。
もうちょっと綺麗なままもっと激しいものも見てみたい感じもするのが男の性ですが(笑)アレクがマリーを大事に、そしてマリーの幸せいっぱいの感情が伝わりとても暖かい気持ちです。

男の子が好きな人を夢の中で何度も抱くってのはわかります。
実際、本当に抱くときは夢よりずっと素晴らしく感じるんでしょうね。
女の子にとっては好きな人が夢で何度も自分を抱くのを相手から聞くのは嬉しいものなのかな?

ここまできて私はこれでマリーのお腹に命が宿った可能性が…などと一人で勝手にニマニマしてる所です。
だって、避妊映写なしだと、そういうの期待しちゃいますよね。
相思相愛だから尚更です(笑)

これで二人は身も心も結ばれたわけですから後は二人の仲を周囲に認めさせるだけ。
その前に、マリーは結ばれた幸福を今はたっぷりと味わいアレクとのピロートークを楽しんでくれることを願います。

yama様 

今日は。
やっと何とか終わりました(笑)
もう自分的にはかなりいっぱい、いっぱいで、毎回かなり悩まされ、限界との挑戦みたいな?勉強させられます。はい。
でも何とか二人の幸せそうな様子を無事受け取って頂けたようでホッとしています。昨夜見直し、改稿しながら眠くて眠くてUP出来ないんじゃないかと思ってましたが、無事UP出来て良かったです(笑)
>女の子にとっては好きな人が夢で何度も~
については、実際その人の性格にもよるのかもしれませんが、私的にはちょっと恥ずかしいと思いつつも、それほど求められてると思うのは嬉しいと感じますがね。そう言うつもりで書きましたし。

>避妊映写なしだと、そういうの期待しちゃいますよね。
これは、かなり悩みました。状況が状況なだけに。けれどちょっと考えている事があって、それをどう使うかは今後の展開をお待ちください。

ピロトークは今回悩みつつ、微妙なんですが、多分理解はして頂けるラインかな?的感じで書いてみたつもりなので、ご理解頂ければ幸いです。
その後は周囲を認めさせるだけですね。今後それに向けて話が大きく展開しますので、ラストに向けて更にお楽しみ頂ければ幸いです。

いつもコメント有り難うございます。

NoTitle 

色っぽいシーンはコメントに困る(^^;)

こういうシーンも自在に書けるようになりたいです。(^^)

NoTitle 

隠しリンク拝読しました。
こちらも一層リアリティがあり、感情もこもっていて
素敵ですね。
リンク先、私も投稿しようと考えていたこともあるのですが、
評価されるのが怖くて投稿したことありません…。
涼音様みたいにしっかりと描写を書けるようになって
少し自信が付いたら投稿してみたいと思います。

NoTitle 

オーラルはんん!!
マリーは尽くす愛情ですかねえ。
それだけ愛情ではない・・・ということはもう少し年齢がたてばわかりますかね。これはこれで純粋なる愛情なので美しいですが。

ポール・ブリッツ様 

今日は。
私も元々自分がここまでのものを書くようになるとは思っていなかったので、全然まだまだ馴れません^^;(とある方の勧めがきっかけだったんですがストック10話使い切りました^^;)
なのでこれから頑張って挽回します!
目指す微笑ましくは中々難しくて、まだ自在には全然程遠いですが、頑張ります^^;

いつもコメント有り難うございます。

Sha-La様 

今日は。
隠しリンク見つけられたようで良かったです。
こちらも素敵と言って頂いて良かったです(ホッ)
本当はこっちはもっと柔らかく書きたいと思っているんですが中々難しくて^^;
あちらは評価が手厳しいと評判だったので私も恐々で、ある方に勧められて投稿を始めたのですが、R-18ものは初挑戦でした。
何処まで読者がついてくれるのかもドキドキで、時折グサッと来るコメントも実際あります。それでしばらく書けなくなった事もあるので如何でしょうか?(笑)
でも非設定にも出来ますので、そこは自分次第です。
私も最初は全く自信が無くて、お気に入り登録1人も居なかったらどうしようと言う思いからのドキドキスタートでした。
実際あそこもお気に入り登録しなくても読めるので、しないで読むだけの方も私の場合10倍以上います。
未だに自信は全くありませんが、結果が出て来ると支えになるのは確かです。(その分誹謗中傷も時にはありますが、あまり酷い時は逃げるつもりです(笑))
いつか心が落ち着いて決心で来たら是非チャレンジしてみて下さいね。

いつもコメント有り難うございます。

LandM様 

今日は。
マリーは、尽くすと言うかまだ分かってないので、先はどうなって行くのかまだ分かりませんが、アレクにどのみち翻弄されそうな気が^^;
それだけが愛情ではない・・・ということが分かるのはきっと結婚して子供が生まれて……、10年もすれば自ずと分かるでしょうね。否が応でも。
今の所、目指すは純粋なので(笑)

いつもコメント有り難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ずっと心に決めていた《50.熱 情2》R-18】へ
  • 【ずっと心に決めていた《52.混 迷1》】へ