パウリンの娘

パウリンの娘《第11章5》

 ←パウリンの娘《第11章4》 →パウリンの娘《第11章6》
公爵が退出した後、話を聞いて後から駆け付けた初老の侍女頭が侍女を“さぁ来なさい!”と引き摺るように腕を引っ張り無理やり何処かへ連れて行こうとしていた。

「・・・・待って・・・・」

蚊の鳴くような声でローレライはそれを引き止めた。

「何処へ連れて・・・・行くの!?」

まだ腰に力が入らず一人で立つ事が出来ずにローレライはゼロに支えられたままだった。

「この者は首にします。即刻屋敷から出て貰います」

「そんな・・・・私は本当に何も知らなくて・・・・」

公爵に声を掛けられ少し落ち着きを取り戻し止まりかけていた侍女の涙が再び溢れ出した。

「・・・・その必要は・・・・ないわ」

ローレライはゆっくりだけれど確実な言葉で喋ろうと必死だった。
まだ恐怖で震えて口もはっきり回っていないようだった。

「お嬢様は黙っていて下さい。これは公爵家の問題です!」

侍女頭のキッパリと言い切るその態度は勇ましく当然の事であり、誰もが言う事は最もだと納得している様だった。
しかし、ローレライは彼女を助けたかった。

「そうかもしれないけれど・・・・彼女も被害者だわ・・・・」

ローレライはその言葉を告げながら先程の忌々しい出来事を思い出して震えが酷くなった。

「そう言う問題ではありません!」

「あの男が・・・・いなければ・・・・彼女はそのままでいられた。・・・・そうではなくて!?」

「もぅいい・・・・止めろ」

自分にしがみ付き、震えながらも必死で侍女を守ろうとしているローレライの姿をゼロは辛すぎて見ている事が出来なかった。

「そうでしょうが・・・・」

「彼女も傷ついているわ。・・・・それに結果としてあの男の罪を・・・・告白してくれた。・・・・それで罪は消えたわ」

「それは綺麗事です」

「私が・・・・許すと言っているのよ。・・・・それで良いじゃない」

まだ恐怖を引き摺ったまま、小声で途切れ途切れ話す姿は痛々しいものだった。
止めろと言ってもローレライは自分が納得せねば折れないだろう。
そう言う娘なのだ。
どうしたら止める事が出来るのか支えながらゼロが考えていると、それを遮ったのはルシオンだった。

「レライがこう言っているんだから、もぅそれで良いだろ!? 被害にあった本人が良いと言ってるんだからそれで良いじゃないか・・・・。喋るだけでも大変なんだ・・・・。レライの今の気持ち考えてみろよ! 俺はこの状況で自分を陥れた相手の事を思いやれる妹を誇りに思う! あんたが同じ立場だったらそれが出来るか!? 出来ないだろ? だったらあんたにレライをとやかく言う権利はない!! あんたがやろうとしている事こそ唯の綺麗事だ!!」

ルシオンはきっぱり言い切った!

「・・・・分りました。とにかく自室で謹慎させます。後の判断は旦那様にお任せ致します」

そう言うと侍女頭は泣き疲れて足元の覚束ない侍女の背中を支えてやりながら部屋から出て行った。

ずっと黙って見ていたルシオンが妹の痛々しい訴えに耐え切れなくなって声を荒げて助言した姿はゼロにとって衝撃的なものだった。
本当の兄ならば見ていてどんなに辛くても、妹の気持ちを瞬時にそこまで理解し咄嗟にここまで強く言えるものなのだ。
だが自分はどうだ!?
痛々しいローレライを見ていられなくて、ただ辛いだけで、言うのを止めろと制止する言葉を吐くのさえやっとだった。
自分はルシオンの様にはなれない・・・・。
では自分の取った行動は何だ!?
・・・・この感情が妹に向けられるようなものではないのならば・・・・。

ゼロは自分の感情がどのような方向性のものなのか自問自答し続けた。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村




総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第11章4》】へ
  • 【パウリンの娘《第11章6》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

・・・どちらかというとこの辺は警備の人間のミスなような。
というツッコミはなしですかね。
それとも就寝中の警護なないということですかね。
そこまでの警護レベルではない・・・ということになるのでしょうかね。

LandM様 

警備は邸外には配備されていますが中には基本要所要所の配置以外は置いてません。(外部の者を招き入れる時は別ですが、一様今回は甥っ子と信頼のおける元騎士たちという事で、特別警戒もありませんでした)
それに加え、自衛集団を持っているこの屋敷ですが、実はそれにも落とし穴があったりします。
それも今後明かされてくるのでお楽しみに♪

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第11章4》】へ
  • 【パウリンの娘《第11章6》】へ