パウリンの娘

パウリンの娘《第11章6》

 ←パウリンの娘《第11章5》 →パウリンの娘《第11章7》
部屋の中は見知った者だけになり、ローレライも少し落ち着いてきた。
椅子に座らせ必死に捕まれた腕を離そうとすると、ローレライがその腕にギュッと再び力を入れた。

「もぅ大丈夫だ。怖い者は誰も居ない」

「駄目・・・・」

ローレライは必死に首を振る。

「では、ルシオンに傍に居て貰おう。それなら安心できるだろ!?」

それでもローレライは首を振る。

「お兄様は傍に居てくれると心は落ち着けるけれど・・・・強くないから安心できない・・・・」

ゼロは困った様にルシオンに顔を向けた。

「俺も少しは強くならないとレライに見放されてしまいそうだ」

ルシオンはやれやれと言うように肩を竦め苦笑いした。

「そんな事無いわ。・・・・お兄様はいつでも大好きな・・・・私のお兄様だもの」

「ありがと」

そう告げると肩を抱いてオデコそっとキスを落とす。
誰が見てもそれは微笑ましい兄妹愛の風景で、シドも微笑ましそうにそれを眺めていた。

「お前この麗しい兄妹愛の姿を見て何でそんな顔をしてるんだ!? 眉間にシワ寄ってるぞ」

「!!・・・・‥」

ゼロはシドに言われて初めて気が付いた。

“私はこの兄に嫉妬しているのか!? ・・・・まさかこの私が!? ”

ゼロは自分で自分の気持ちが信じられずにいた。

「しかし、どうするか!? とりあえず、明日の茶会はそのまま開いて貰うとして、ランドンとニックもここへ呼ぶか!?」

「そうだな。その方が話は早いだろう」

「では、私が連絡を」

配下の者達はまだ誰も帰って来ていなかったのでフリードルが伝令を名乗り出てくれそのまま部屋を出て行った。

「さて、俺はこのままここにいても仕方ないし部屋へ戻るとするか」

「そうだな」

シドが言いながらソファーから立ち上がればゼロも席を立とうと腰を浮かせるとまたもローレライに腕を掴まれた。
縋るような目でこちらを見ている。

「おい・・・・」

困った様にゼロがローレライを見つめ返した。

「・・・・傍にいてやって。その方が落ち着けるみたいだから」
 
ルシオンがそう告げ、シドに行こうと声をかけると二人は部屋を出て行ってしまった・・・・。

“困った・・・・どうすれば良いのか?”

このような状況に置かれたローレライに自分はどのように接すれば良いのかと困惑していると、執事が侍女を二人引き連れて部屋を訪れた。
何処かホッとする自分がそこに居た。

「上の階に別の部屋を用意致しましたのでお嬢様はそちらに移られて下さい」

主にあの部屋では嫌だろうから別室を用意するように言われたらしい。
そう言うとローレライの荷物を持ち出そうとした。

「止めて・・・・ここから離れるのは嫌、皆の傍に居たいの・・・・」

「いえ、しかしこのような部屋では・・・・」

言いかけて、執事が口を濁した。

「今隣の部屋を私が使わせて貰っている。私がこちらに移るから荷物を入れ替えて貰う事は可能か!?」

「勿論でございます」

これなら良いか?とゼロに尋ねられ、ローレライはコクリと頷いた。

「ではその様に頼む」

そう言うと他にも数人の侍女が呼ばれてあっと言う間に荷物が入れ替えられた。

「では、お嬢様はこちらに。お湯も用意致しましたから、少し寛がれてお着替え致しましょう。侍女は私とこの者が二人付きますので、一人の判断でお嬢様を如何するとか・・・・そう言う事は決してありませんから」

ローレライは少し考えるとゼロを見上げた。

「行って来い。ずっとここに居るから。用があれば直ぐに行くから侍女に呼びに来させろ」

ゼロがそう言うと、ローレライはコクリと頷き部屋を離れた。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村



総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第11章5》】へ
  • 【パウリンの娘《第11章7》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

きゃあv-238
自覚が近づいてきてる~~~v-10
早く自覚して!
あ~…べた甘もみたいなぁ^^

はのん様 

自覚、もぅ直ぐですv-238
そこでは一方的にベタ甘です^^(今夜UP)
でも、その後は・・・・まだ・・・・かな!?^^;
ジレ甘位!?まだ色々あるから(笑)

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

NoTitle 

それでも一番警戒すべきは肉親であり、身近にいる人である・・・。そのため、親兄弟が屠る相手であり、その結果王家は衰退する。。。徳川家が最たるものですが。なかなかむずかしいものですね。
どうも策略で見てしまうのは、私の作品性の問題ですね。

LandM様 

そうですね。そういう話もありますが、ここではそこまでの策略的要素はないです。
家族は擁護されるべき存在傾向にあります。
その点は新作の方傾向的には強いと思います。暗殺未遂も作品の重要要素の一つなので。

いつも有り難うございます^^

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第11章5》】へ
  • 【パウリンの娘《第11章7》】へ