ずっと心に決めていた

ずっと心に決めていた《86.誘 導4》

 ←ずっと心に決めていた《85.誘 導3》 →ずっと心に決めていた《87.誘 導5》
目の前に呪術のかけられた物が存在すると聞いたなら、普通恐怖に慄き逃げ去るか、恐怖心を抱きながらも好奇心を拭い去れず興味に駆られるかのどちらかだと思う。
暫く告げられた事実に神妙な眼差しで、私同様アリシラ様の首飾りを見入っていたロナルドだったが、やがてゆっくりと確認する様に言葉を口にした。

「では、これは……、貴女様のそれは……どの様な? やはり世に謳われている、……死を司ると言うような呪術がかけられているものなのですか?」

ロナルドは身を引きながらもどうやら後者に近い考えの様で、恐怖を感じつつも妹の為に何とか情報を得たいと言う使命感にも似た感情で、この場に留まっている感が何処か苦痛を帯びた様な表情を抱きながらも色濃く滲み映し出されていた。
怖いけれど何か妹の力となる手立てがあるのなら、知りたい。知らなければならない!
その心の声が今にも聞こえて来る様だった。
周囲からこちらを気にしている素振りの連中も、あからさまに身を乗り出し興味津々と言雰囲気を醸し出している者は居ない。
やはりこれはベアレーゼ侯爵夫人と言うアリシラ様の地位がそうさせているのだと思う。

「ふふっ。何だか周囲にも気になる方々がいらっしゃる様だけれ、皆さん何をそんなに期待されているのかしらね? 貴方にお分かりになって?」

「いっ、いえ……」

「触れて見る?」

アリシラ様は徐にロナルドの右手に触れると、その手を自分の胸元に輝く首飾りに触れさせようと導く。

「いっ、いいいいいえ、滅相も無いッ!」

慌ててその手を払い除けるとロナルドは自身の腕を抱え込み、深々と頭を下げながら身を引いた。

「怖いの? あら、残念」

いえ、アリシラ様……。怖い怖くないは別として、この様な場でこう言うあからさまなやりとりは、やはり不味いのではないかと……。
導かれたとは言え夫でも無い殿方が、この様な場で高貴なご婦人の胸元の首飾りにあからさまに触れる等、やはりあってはならない事なのでは無いかと思うのですが……。
いや、もしかして……、それが狙いだったり致します?

色々と思いを巡らせていると、いつの間にかアリシラ様の視線は私に向けられていた。

(えっと……、今度は如何いうことなのかしら?)

中々適切な考えに辿り着けずに、少しおどおどしてしまっている自分に気付き慌てて踵を正すと、いきなりクスリッと笑われた。

矛盾の矛先はいつの間にか私に向けられていて、訳の分らぬまま差し出された手に思わず自らの手を重ねた。

「えっ? あの……、アリシ……いえっ、侯爵夫人?」

するとアリシラ様は摑んだ右手を自らの首元へ導くと、その装飾品に触れさせた。

「……?」

何かあるのだろうか? 何も……、起こらないのだけれど……。

「なっ、なんだよ。……唯の脅しかよ」

ホッとして気が抜けたのか、ため口の様に言葉を口ずさむロナルドにアリシラ様が大きく声を荒げた。

「お黙りなさいっ!!」

睨みを効かされて、慌てて踵を正すロナルド。
周囲にも一瞬にして緊迫した空気が流れていた。
そして、アリシラ様が何か耳元でボソリと囁いた途端。

「えっ?! ぃッ!!」

『少しだけ我慢してね』

確か……そう耳元で囁かれ、何の事がさっぱり訳の分からぬまま、聞き直す余裕すら無い状況の中でアリシラ様が私の手を離した途端、首飾りに触れていた指先に一瞬にして何か……静電気にも似た痺れが沸き起こり、私は咄嗟に首飾りから手を離した。

押して頂けると励みになります^^

にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ずっと心に決めていた《85.誘 導3》】へ
  • 【ずっと心に決めていた《87.誘 導5》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

更新、お疲れ様です。

アリシラさん。さすがに呪いを証明させるために予め準備はしていたようですね。
これが本物の呪い(だったらマリーに触れさせるわけないんだけど)か、それとも首飾りにしかけた細工か、どちらにしろ相手に信じさせればいいんですからね。
事前に言う辺り、後者が正解でしょうしマリーへの配慮もありますね。

呪いって本物の呪いもあるでしょうが、こういうハッタリが大袈裟に広まったものでもあるんでしょうね。

yama様 

今日は。

アリシラ様は可愛い甥っ子の為ですから頑張ってくれています。
おお!推理が凄い!(苦笑)
えっと、少なくとも指輪が奪われる事は事前に分かっていなかったので、色々前もって準備が出来なかった分、出来る範囲では色々と動いてはくれたようです。
それにより、何処まで呪術を信じて貰えるかは皆無だったので、アリシラ様も実はこう見えて必死だったり~ (笑)

>呪いって本物の呪いもあるでしょうが、こういうハッタリが大袈裟に広まったものでもあるんでしょうね。

そうそう。そこがとっても大事です^^

いつもコメント有り難うございます。

 

もしかしてアリシラ様、関節技まで使われるのですか?

さすがファンタジーの貴婦人、伊達じゃない……。

ポール・ブリッツ様 

今日は。

流石にアリシラ様も頸椎に刺激与えて指先を痺れさせると言う技は会得していないと思われます(笑)
理由はファンタジーならではの理由になるかな~みたいな?

いつもコメント有難うございます。

NoTitle 

現代っ子なら呪術を気にしないというのも。
私も曰くつきの亡くなられた方の車に乗ってますが。。。
全く気にせず運転してます。

LandM様 

今日は。
そうですね。人それぞれと思いますが現代っ子なら左程気にしない人も多いかもしれませんね。
不動産物件も結構若い方ってそう言うの気にせず安いからと好まれるって聞きますし。

いつもコメント有り難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ずっと心に決めていた《85.誘 導3》】へ
  • 【ずっと心に決めていた《87.誘 導5》】へ