パウリンの娘

パウリンの娘《第12章4》

 ←パウリンの娘《第12章3》 →パウリンの娘《第12章5》
ライサンドに追い打ちをかけるように一人の男が口を挿んできた。

「そんな筈はありません。貴方は私が差し出した仔馬の情報を快く受け入れ、ソイドとその仲間に盗ませたではありませんか。私は厩舎で貴方からお褒めの言葉を賜りましたよ」

「お前は・・・・ザグソンの所の!?」

「はい、ニックです。アシュド邸の厩舎を襲った者達の手口はキールのものでした。他の者でしたら逃れられた罪だったかもしれませんが、道案内したのが私であったと言う事が貴方の不運でした」

「・・・・何を言っているんだ!?」

冷静さを保とうと必死に取り繕っていたニックだったが、ここまで明かしても自分の事を全く思い出せないライサンドにイラついた。
あの日の出来事もきっと記憶の片隅に追いやられ、聞き及んだ昨夜の所行ですら反省の態度が微塵も感じられない。
ライサンドの態度に怒りがついに頂点に達した。

「この顔を見忘れたか!! 6年前の事を忘れたとは言わせんぞ!!」

ニックは牢屋の格子の間からライサンドに襟首を掴みかかった。

「ニック、今はいけません。留まって下さい。今下手に手を出せば不味い事になります」

ランドンが止めに入った。
ニックのワナワナと震える手にランドンはそっと手を添える。

「姉さんは貴方が不利な状況になる事を望んではいません」

ニックは吐き捨てるように悔しそうにその手を振り下ろした。

「そうか。あの侍女の・・・・。生きていたか。まぁ良い。お前如きに何が出来ると言うんだ。お前もここでは罪人だ」

「口を慎め! 少なくとも私がここにいる限り、お前の思い道理にはさせん! 誰が罪人だと!?・・・・その言葉はお前が口に出来るものでは無い!!」

ゼロは昨夜の事を思い出しただけでも腸が煮えたぎる思いだった。

「まぁいい。どうせもぅ間に合うまい」

仔馬も王宮に入ってしまえば救い出す活路は見い出せなくなる事も考えられる。
今はフリードルがソイド達に追いつき取り押さえる事を祈るしか無かった。

「そうだな。間に合わんかもしれんが、お前の計画が全て成功するとは思わない方が良いぞ」

「思ってはいないさ。計画が全て成功していたら、私は既に今ここには居ない筈だ」

ライサンドがチッっと少し悔しそうに舌打ちする。
恐らく、監視がタウリンに任される事無くキールの者だけならここを抜け出す手筈だったのだろう。
キールの中にライサンドの息のかかった者が居ると分かった時点で、ゼロや仲間の面々にはそれ位の事はお見通しだった。
後はフリードルが何処まで押さえてくれるかだ。

“追いつきさえすれば奴ならきっとやってくれる!”

ゼロはフリードルに絶大なる信頼を寄せていた。
とりあえず、ライサンドの監視はタウリンとクランケに交代で任せる事にし、ゼロは叔父に全てを告げたらローレライの許へ戻ろうと思った。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村



総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第12章3》】へ
  • 【パウリンの娘《第12章5》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

早く戻って戻って(笑)

本当にね~…気に入ってる場面とか人が出てると
筆が進むんだけど、そうじゃない所って進まないのよね↓
でも話の上で書かなきゃないしってとこだと
辛いところ…^^;

楽しみに待ってます^^/

はのん様 

戻った後が、最初は良いけどまた大変かも(笑)

ホント、なんか筆が重くなると最後の方の王宮での二人の話に、逃げてます^^;
書いててもぅ楽しくて♪(それ、ダメだって^^;)
頭の中そのままお見せ出来ればそれが一番楽なんだけど、そういう訳にもいかないのでお互い頑張りましょうね^^

私もずっと楽しみに待ってます♪

NoTitle 

人が人を動かすなあ・・・と思います。
そもそも政治ののんびり具合とゼロの行動具合は似ているもので。政治ものんびりやらずに動かないと退廃してしまうもので。そのあたりが難しいものですね。

LandM様 

そうですね。ゼロの周囲の場合完全にそのパターンですね。
政治的に、今はまだ致命的切り札を握れていないので、どうしてものんびりになってますが、裏では一様色々動いている設定です。
出来れば戦わずして話し合いで解決したい人なので、それがどのようになってしまうのかは、最終的にはやはり理想と現実は違うという事でしょうか?
ホント難しいですね。

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第12章3》】へ
  • 【パウリンの娘《第12章5》】へ