ずっと心に決めていた

ずっと心に決めていた 《登場人物紹介》

 ←ずっと心に決めていた《131.説 得》(アレク視点) →ずっと心に決めていた《132.追 手》(アレク視点)
【マリエッタ・マニエール】17歳
 スカターゼ領主マニエール男爵家の一人娘。9歳の時に父の馬術競技の試合先で出会った4歳年上の少年に仄かな恋心を抱き、ずっと忘れられずにいる。艶やかな茶褐色の髪、マリンゴールドの瞳。(マリンゴールド・・・・爽やかな海の青と金のイメージ)

【アレクシス・ルボル・グラッセ】21歳 
 グラッセ侯爵家の若き当主。15歳の時に父の死により侯爵家の跡を継いだ。父は前国務尚書。現在自身も国務省で筆頭国務尚書補佐官の地位にある。端麗な容姿と家柄に加えて将来も有望な事から、若い娘の間では『白薔薇の君』等と呼ばれている。秘かに心に決めた人が既にいるよう。白金の髪、碧い瞳。

【パウウェル・バジェスタ・サンドール】24歳
 警務騎士団統帥長。アレクシスの親友。国防尚書サンドール公爵の長子。アレクシスと共に若い令嬢等の人気は高い。何事にも沈着冷静で切れ者。剣の腕、術者としても誰もが一目置いている。黒い長髪、琥珀色の瞳。

【リレント・モルシェード】22歳
 アレクシスの筆頭従者であり、腹心。生まれは近衛騎士総隊長を多く排出しているルーカス家の4男(末子)。子宝に恵まれない母方の親戚筋のモルシェード子爵家へ10歳の時に養子へ赴く。剣は師範の腕前。養父方の祖母がグラッセ前侯爵(アレクシスの父)の乳母の関係で爵位を継ぐまでの間と言う事でグラッセ家に身を置いている。濃栗色の髪、淡褐色の瞳。

【ヨハンナ・ラベル】
 アレクシスの乳母。夫、息子と共にグラッセ家に住み込みで働いている。アレクシスと乳姉弟となる上の娘は既に子爵家へ嫁いでおり1歳の孫がいる。栗色の髪、緑色の瞳。

【アリシラ・ベアレーゼ侯爵夫人】27歳 
 アレクシスの叔母。亡き母の末の妹。アレクシスとマリエッタの事を応援し、時には厳しくもあるが色々と手助けし温かく見守ってくれている。息子が一人いる。金褐色の髪、碧い瞳。

【ロナルド・セオン・ドワイヤル】23歳
 親の決めたマリエッタの婚約申請中の相手。最初は優しく振る舞っていたが、本性はかなり自分本位な所がある。隣国ステガルドに留学歴があり、戻ってからも何やら頻繁に訪れている様だが? 栗色の髪、緑色の瞳。

【テロネーゼ・ドワイヤル】19歳
 ロナルドの妹。アレクシスに憧れていて、彼との結婚を切望している。かなり我儘で自己中心的。アレクシスの取り巻きの女の子数人をいつも従えている。濃金髪巻き毛、明青色の瞳。 

【セザンヌ・マニエール男爵夫人】
 マリエッタの母。結婚後中々子宝に恵まれず、高齢でマリエッタを授かった。純粋に娘の幸せを考えてくれている社交性の高いしっかり者。金髪、マリンゴールドの瞳。

【フルデンベール伯爵】56歳
 国務尚書。アレクシスの父である前国務尚書の在任中は筆頭補佐官の地位に就いていた事もあり、アレクシスとは予てより面識があった事から当初は良く面倒を見てくれていた。就任後は自分なりの格言を持ち、より国務を潤滑にしようとの志があったようだが? 青銅色の髪、濃褐色の瞳。

【ベアレーゼ侯爵】30歳
 内務尚書兼推進改革委員筆頭。アレクシスの叔母であるアリシラの夫。妹が王太子妃。金髪、青紫色の瞳。

【ユリウス・ボナフェウス】26歳
 政務騎士団統帥長パウウェルの側近。黒騎士隊隊長。白銀の髪、青紫色の瞳。

【オセアド・マニエール男爵】
 スカターゼ領主で男爵。マリエッタの父。娘の幸せの為にと婚約者を決めたと公言しているが、実情は婿養子と言う事と、金銭的好条件に吊られた様子が伺える。自分なりに娘の幸せを考えているが幾分固執している。茶褐色の髪、濃褐色の瞳。

【マクシミリアン王太子殿下】27歳
 アレクシスの叔母アリシラの義妹の夫。将来有望なアレクシスとパウウェルに目をかけ、自ら推進する改革委員のメンバーに推挙した。二人ともかなり懇親がある。金髪、透き通る青い瞳。

【マーカス】
 国土部門の代表。隣国ステガルドとの国境を繋ぐ橋の改修に力を注いだ。

【マルサドンナ・ポリゼベーテ伯爵夫人】
 元女性初の王室顧問官。母は公家筆頭ブラウザー家の出。前王様の乳姉弟で、かつては縁談話も? 既に社交界から退いていた様だが……。

【サンデス・ラベル】17歳  
 アレクシスの乳兄弟。第2従者。栗色の髪、濃褐色の瞳。

【モロゲン・ダーゼリアン】
 過去の偉人。術者。バウッセリアの戦いの英雄。功績により後に子爵号を賜る。白銀の髪、赤い瞳。

【ブラウド・バーン】
 隣国ステガルドの鉱石王。

【ベルマール・マストラーゼ伯爵令嬢】18歳
 マリエッタの婚約申請相手、ロナルドの双子の兄の婚約者。ロナルドと兄とは幼馴染でロナルドの初恋の相手でもある。また、殿方の人気の高い事から一時期マリエッタがアレクシスの想い人だと思っていた。柔らかな栗色、鶯色の瞳。

【レナルド・セオン・ドワイヤル】23歳
 マリエッタの婚約申請相手、ロナルドの双子の兄。茶褐色の髪、青色の瞳。

【バチウス・ラベル】
 アレクシスの乳母ヨハンナの夫。グラッセ家の執事の助手的仕事をしている。

【ハンデル】
 グラッセ家の執事。

【アゼレーゼ・ドワイヤル】
 マリエッタの婚約申請相手、ロナルドの母。

【ルシカ】 
 マリエッタのマニエール家での侍女。

【マグノリア伯爵夫人】
 噂好きの夫人。

【ボフテンヌ伯爵】
 鉱山を持つ辺境の村を領地に持つ伯爵。温厚な性格で頼まれれば何でも嫌と言えないタイプ。特に上の3人の息子の後に年が離れてできた娘を溺愛しており、娘の頼みなら何でも聞き入れる傾向にある親馬鹿。

【スザンヌ・ボフテンヌ】17歳
 15歳の時に父に連れられて行ったある夜会でアレクシスに一目惚れし、『彼のお嫁さんになる!』と決意した。周囲の話に耳を傾ける事無く、望みは全て叶って当然だと信じて疑わず、何かあれば全て父が何とかしてくれると信じて疑わない我儘娘。



※一部記事追加しました。(5/23 17:43)

押して頂けると励みになります^^

にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ずっと心に決めていた《131.説 得》(アレク視点)】へ
  • 【ずっと心に決めていた《132.追 手》(アレク視点)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

これまた余談ですが。
私はあらかじめキャラクター紹介を物語のはじめに全部登場という。。。キャラクター登場主義を取ってますね。。。私はキャラクターありきの作品が多いからなのですが。

こういう設計も嬉しいです。
ありがとうございます!!
\(~o~)/

LandM様 

今日は。

キャラクター、主役級だけ最初細かに決めて、後は漠然と頭の中にあるものを書きながらノートに纏めていくことが多いです。
髪の色とか瞳の色は、書いて行く内に映像化してくるので、その時に感じた容姿に当てはめて考えています。

ちょっと大変でしたが、こうやって喜んでいただけると書いて良かったです^^

いつもコメント有り難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ずっと心に決めていた《131.説 得》(アレク視点)】へ
  • 【ずっと心に決めていた《132.追 手》(アレク視点)】へ