パウリンの娘

パウリンの娘《第12章7》

 ←パウリンの娘《第12章6》 →パウリンの娘《第12章8》
ゼロは王宮を出てからずっと我王を玉座から引き摺り下ろす手段を模索していた。
皇太后が前王に嫁ぐ前と嫁いでからの素行調査、我王の出生から今までの現状における 全てをくまなく詳細に調べ上げていた。
何も出て来なければ出てこないで次の策を嵩じなければならなかったが、我王の出生には幾つかの疑念が昔から囁かれていた。
前王は我王を実子と認めていたが、我王が生まれたのは婚儀から8か月にも満たなかった。
婚儀の1か月前から皇太后は城に入り色々と王宮での行儀作法を習ったりしていたようだが、その時既に妊娠していたのではないかと言う噂があったらしい。
婚約は婚儀の3か月前既に調ってはいたが、婚約式から2か月余所で花嫁修業に出ており、王宮に入るまでの期間王と接触する事は無かったと言う。
花嫁修業をしていたのは王の母方の実家の公爵家と婚約式から婚儀までの3か月間毎日王の花嫁となるべく清めの儀式の為に王宮内にある神殿に足を運んでいた。

我王は早産で生まれたと言う事になっていたが、目方は標準以上あった。
外見も全く父には似ておらず、性格も何一つどれを取っても王側の親戚筋には似ていなかった。
母方の血をより濃引いたのだと言う事で表向きは納得されていたと聞き及んでいたが、ゼロが調べて行く内に更なる懸念も出て来た。
我王の赤みがかった深い緑色の瞳は母方のどの血縁者やその周囲の者にも該当しなかった。
ブラックナイト内部では我王は王の実子では無いのではないかとの疑念を抱く者も多かったが依然それは謎に包まれたままだった。
現段階では花嫁修業をした公爵家では何の問題も見つかっておらず唯一つ調べる事が出来なかったのは宮中にある神殿での出来事だけだった。
それに前王の死の直後にささやかれた王の暗殺疑惑も未だに明かされていないままだ。
調査していた者は我王の政権下の許、その内詳細を調べる者も居なくなったと聞いている。
正しくは調べる者は皆罷免された。
全ての疑惑を明らかにするにはやはり再び王宮へ行くしか手立てはもぅ残されていないのかもしれない。
幸いゼロの父は名ばかりと言えど今も宰相の地位にあり、母は多くを王宮内で過ごし、内々的に王政の未来を占うべき役職にある。
ゼロは罷免されたのではなく、自ら職を辞している。
王の謁見を拒否される言われはないし、我王とは従兄弟の間柄。
両親の役職を考えても謁見を拒否される事はありえないし、両親に会いたいと言えば城内へ入る事は容易だろう。
他のブラックナイトの面々も多くは首になったものでは無く自ら職を辞した者が殆どで、皆ゼロやその配下の者に賛同して付いて来た者達ばかりだ。
だからこそブラックナイトの面々の団結力は揺るぎない。
ただ、皆が皆宮中に入れる筈もなく、名のある貴族は何らかの理由づけで王宮に入れたとしても平民の出の者は難しいし、一度に多くの謁見は返って怪しまれる。
その前に王宮近くに今ある仮支部を移さなければならない。
場所から探すとなると調査も必要になって来るし、それを指揮できる者は今はシドがエルしかいない。
他の支部の者を呼び寄せれば情報収集が滞るし、何かあった時に打つ手段を絶たれる事にもなりかねない。
呼び寄せるのは最終手段だ。

「フリードルが戻り、シザーレやニックのに頼んだことが全て済んだら王宮に行こうと思っている」

「王宮に!?」

ゼロは今までになく神妙な面持ちで話し始めた。

「我らブラックナイト結成の一番の目的は我王を玉座から引き摺り下ろし、聡明なザンゾール公を玉座に据える事だった。だが、ライサンドのお蔭でそれも難しくなってしまった・・・・。しかしこのまま我王の政権をそのままのさばらせる訳には行かないと思っている。今我王を玉座から引きずり降ろせたとしても王は不在だ。当面は宰相に任せるにしても、その先をどうすれば良いのか今の私には考えが及ばない。だからザビーネ様に会って一先ずその事を相談しようと思う」

ローレライは絶句した。
今ゼロが一番悩んでいる事の答えを自分が知っているかもしれないのだ。
パウリンの事は他人に話すべき事では無い。
しかし、ゼロになら告げても良いのかもしれない。
ザビーネ様の血縁者だ。
そしてここには他に兄のルシオンしかいない。
ローレライは深く目を閉じると大きく深呼吸して告げた。

「パウリンの私の役割についてお話ししたいことがあります」

ゼロとルシオンはローレライを凝視した。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村




総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第12章6》】へ
  • 【パウリンの娘《第12章8》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

・・・投げられたサイは誰かによって目が決められているのか。
・・・と言う問題が出てきますね。今回の状況で得をしている人が誰かいるような気もしますけど。・・・まあ、気のせいですかね。すいません。

LandM様 

サイは誰によって決められるのかはパウリンの導き次第ですが、今回の状況で得をしている人ですか?あまり考えてはいませんでしたが、結果としてそれに値する人間は出て来ますよね。当然。
それを得と捉えるかは本人次第ですが・・・・。

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第12章6》】へ
  • 【パウリンの娘《第12章8》】へ