パウリンの娘

パウリンの娘《第12章8》

 ←パウリンの娘《第12章7》 →パウリンの娘《第13章1》
ゼロとルシオンは神妙な面持ちでローレライを見つめていた。

「お兄様はもしかしてお母様から聞いている? ドレアスが私の運命を導くべき者だと言う事を」

「ああ、聞いた。邸を出る時に。だからレライを助けてあげなさいって言われた」

「ドレアスが導く私の運命・・・・パウリンを私が持って生まれた事の意味は、婚約者を探す為なの」

二人とも絶句した。
ゼロの表情は見る見るうちに険しいものになって行く。

「では、お前はずっと婚約者を探していたのか!?」

「・・・・そう。私は現王朝が国を滅ぼすものと分かったからパウリンの力を持って生まれて来たの。婚約者の新王となるべき人物を探し出す為に。そうザビーネ様が教えて下さいました」

「では、お前のパウリンに映し出されるのが・・・・」

「私の婚約者であり、この国の次の王となる人・・・・」

ローレライは今にも泣きだしそうな自分を必死に押さえていた。

「・・・・そうか・・・・」

ルシオンはゼロの声が心なしか震えている気がした。
運命とはなんて皮肉なものなんだ。
この二人はきっと互いに惹かれあっている・・・・。
ゼロの本心を探る事は出来ないが、明らかにレライの事を可愛がっていたのは事実だ。
そして、レライは間違いなくゼロに恋している。
見ていれば分かる。
兄としては複雑な心境ではあったが、兄だからこそそれは分かる事でもあった。

「レライ・・・・お前大丈夫か!?」

大丈夫では無いけれど、ローレライは兄の問いにコクリと頷いた。

「今まで何の反応も見せなかったパウリンが・・・・昨夜から時々光を放っているの。・・・・あの時から・・・・」

昨夜の辛い出来事が一瞬脳裏をかすめた。

「本当か!?」

「でも、怖くて覘けなくて・・・・。あの時光を放ったのは、まさかライサンドが・・・・。そう思うと怖くてとても覘けない」

それは事実だったが本当の気持ちとは少し異なる。
運命を受け入れてしまったら今までの様にきっとゼロと一緒にいられない・・・・。
その事が躊躇わせる本当の理由だった。
ローレライの手は服の上から胸に下げられてあるパウリンを握りしめてフルフルと震えていた。

「ライサンドの筈が無いだろ!? 何を馬鹿げた事を言っている!! 我王を引き摺り降ろした所で次がライサンドの政権では何の意味も持たない。別の意味で国の腐敗は確実に進む。パウリンの持つ力はそんなものではない! 本来国政をより良い方向に導き支えて行くものなのだ。何者が新王かは知らんが、悪しき力量しか持たぬあいつが新王になる等それだけはあり得んから安心しろ」

本当はとてもローレライを諌めてやれる心情では無かった。
しかし何より辛そうにしている姿を見る事に耐えられなかった。
自分で自分の首を絞めているのに、そう思えるのはゼロの主観が既にローレライ目線になっている事を告げていた。
ここまでくれば自分は馬鹿としか言いようがない。
ゼロは告げた言葉と同時に必要のない疎外感に襲われた。

ゼロの言葉には凄い説得力があった。
彼は私よりパウリンの本質を知っているのかもしれない。
ゼロの言う事はきっと正しい。
でも、知りたくない。知ってしまえば自分の運命も国の運命も大きく動き出すことになる。

“そうしたらこの想いは何処に行けば良いの!?”

ローレライの心も悲鳴をあげていた。
でも・・・・。

「・・・・覗いてみます。運命に逆らう事は私には出来ませんから」

受け入れなければ・・・・。
自分の手にはこの国の未来が託されているのだから。
そして何よりゼロの手助けが出来る。
その事だけが今のローレライには救いだった。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第12章7》】へ
  • 【パウリンの娘《第13章1》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

きゃー!
一気に進んだ感じだわv-238
いよいよ…?楽しみに待ってます~v-10

はのん様 

ここは理由あって、こう言う進み具合になってます^^
これが無いと最後に話が繋がらないの。
いよいよ!?なんだけど・・・・あまりv-238度を期待されるのも辛いかも^^;
誰が悪い訳でも無いのだけれど、しいてあげるなら・・・・間が悪い!?
近々きっと意味通じます(苦笑)

NoTitle 

いよいよか。どきどき(^^)

ポール・ブリッツ 

はい。いよいよです♪
が、先にはまだまだ困難がいっぱいです(苦笑)

コメント有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第12章7》】へ
  • 【パウリンの娘《第13章1》】へ