パウリンに導かれて

パウリンに導かれて《第7章6》

 ←ずっと心に決めていた《160.領 主》(アレク視点) →パウリンに導かれて《第7章7》
ずっと不安で押し潰されそうだったローレライの瞳に、心なしか安堵の色が見え始めた。
とりあえず、人の話が耳に入ってくるようにはなってきたらしい。
軽い会話に受け答えしながら、時折笑顔も見せている。
傍から見ていたルシオンは本当に良かったと、胸を撫ぜ下ろしていた。
そこに何を思ったのか、シドがグラスを片手にやって来て、ルシオンとは対側の空席だったローレライの隣の席に座った。
何か話があるのだろうかと、ローレライはシドの方に視線を移した。

「なあ、エルの言った事、理解出来たか? さっきから見ていると、あんたは消極的な態度の塊みたいだからな。ゼロがあんな態度だから恐怖心もあったのかもしれんが、あいつもああ見えて決して悪い奴じゃない。基本ヤル気さえ感じられれば奴のあんたに対する態度も少しは変わって来ると思う。だからその為にも低姿勢なのはいいが、消極的になるのだけは止めてくれ。騎士の間では消極的な態度はイコールやる気なしと見なされる。直ぐに行動に移す事は難しいかもしれんが、その遠慮がちな発言と態度は今後気をつけるべきだな」

シドからも、それらしい言葉を念押しされて、ローレライは気を引き締めなければと思った。

「はい。すみません」

「それ! 直ぐに謝るな。その場合もすみませんでは無く『分かりました』か、納得出来なければ『どうして?』だの聞く方が良い。形式的には貴婦人等の間では、謝る事が美徳とされている所もあるようだが、ゼロはそうは捉えない。元より騎士の間ではそれは美徳とされない。口先だけで物を言う輩を我等は今まで散々見て来たからな。あんたがそうは思ってなくても、そこは注意した方が良い」

「そうですね。私も見習いの頃は散々言われた記憶が……。消極的な態度や、無理だろうと思う事があり躊躇していると『遠慮してる内に刺されるぞ』とか『やりもしない内から謝るな』とか『迷う位なら行動するな』等他にも色々とお教え頂きました」

シドから話を振られているローレライに気付いたフリードルも、昔を思い出し苦笑いを浮かべながら話しに加わってくれた。

「ゼロは騎士の中でも即断即決即実行を地で行く奴だからなぁ」

ゼロに視線を向けながら、ため息混じりにシドが告げれば、ゼロはそれを憮然とした態度でただ聞いているだけだった。
肯定もしなければ否定もしない。

「行動力がお有りなのですね。ゼロは……」

ローレライのその言葉に、微かにゼロが視線を動かした気がした。

「まかりなりにも元騎士を名乗っている者に行動力がなければ困るだろう。でも、確かにここに居る誰よりも行動力があるのは事実だがな」

「そうですね。常に有言実行を貫かれる方ですからね」

何処か意味有り気な雰囲気を残しながら、二人は苦笑いを浮かべていた。

「レライ、できる? 言われた傍から直ぐに謝りそうだけど……」

ルシオンが半分顔をひきつらせながら苦笑いを浮かべている。

「確かに言いそうだな」

「言いそうですね……」

フリードルもランドンも同意し、口を揃える。

「そんな事言わないでよ。私だって自信無いんだから……。でも、頑張ってみます。皆さんのようにゼロと仲良くなれるようにッ」

ローレライの真剣な表情に、多くの者は決意のほどが伺えると思っていた。
だが、そうは捉えない者も中にはいた。

「仲良くだと?! 鍛錬は遊びでは無いのだぞ。珍しい輩がいるものだと思っていたが、所詮お前も計算高い女かッ」


ゼロがいかにも煙たそうに、言葉を吐き出した。

「……計算……高い……って??」

ローレライは言われた言葉の意味が全く理解出来ず、小首を傾げていた。

「やばい……、アンチキーワードだったかッ!」

シドが舌打ちしながら言葉を吐き捨てた。

★押して頂けると励みになります

にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村


※この作品は「パウリンの娘」の改稿作品です。


現在「小説家になろう」サイトで先行改稿中
●『パウリンに導かれて』を読む(掲載中の「小説家になろうサイト」内に移動します)
こちらでは只今第7章7(36話分)まで改稿中です。

総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ずっと心に決めていた《160.領 主》(アレク視点)】へ
  • 【パウリンに導かれて《第7章7》】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ずっと心に決めていた《160.領 主》(アレク視点)】へ
  • 【パウリンに導かれて《第7章7》】へ