パウリンの娘

パウリンの娘《第13章7》

 ←パウリンの娘《第13章6》 →パウリンの娘《第13章8》
ニックとランドンがゼロの許に訪れたのはそれから2日目の事だった。
元キールのメンバーだった者の中から更に4人が協力してくれる事になった。

「今回集まってくれた者達は皆ニックが居た頃に彼と同じように父を慕ってくれていた者達です。父が死に追いやられ、ニックの事件の後直ぐに辞めた者達ばかりです」

「他にも一緒に来たいと言っていた者も居ましたが、金の心配をしている者は外させて貰いました。金銭で動く者は最終的に信頼できませんから」

「それで正解だ。世話をかけたな。ご苦労だった」

「いえ。ライサンドを追いつめる為なら、どんなことでも苦になりません」

ニックとブラックナイトの絶対的な繋がりはライサンドが作っていると言っても過言では無かった。
ライサンドの今後の処遇次第では、ニックは直ぐにでも裏切る事が考えられる。
しかし、同じく姉の仇討を望んでいるとは言えランドンの場合はまた異なる。
今のランドンにはあの二人が付いている。

「実は公爵から二人に申し出があった。キールに加わらないかと言う誘いだ」

「それは直ぐにと言う事でしょうか!?」

「今回ライサンドの息のかかった者を一掃した件で出た欠員の補充を探しているのだと思う」

「直ぐにでしたら私はお受けできません。ライサンドの件が片付かない限りここから離れる気はありません」

「出来るだけ早くとは思うが、詳しい事はシザーレに聞いてみると良い」

「はい」

ニックは、直ぐに“お前はどうする?”とでも聞きたげにランドンを見つめた。

「私はお断りします。姉の件が片付くまでは勿論協力は惜しみません。しかし今の私はあくまでルシオン様の従者です。あの方が私を必要として下さる限り、お傍を離れる気はありません。これからもあの方が皆様と行動を共にされます限りご一緒させて頂きます」

「だろうな。お前ならそう言うと思っていた」

「はい。それが私の居るべき場所ですから」

そう告げると嬉しそうに微笑んだ。

「お前にはまた色々と協力して貰う事になるとは思うが、頼んだ件は片付いたし良ければランドンの従者として暫くここに置いて貰えるように公爵に頼んでやってもいいがどうする!?」

「宜しくお願いします」

ランドンは深々と頭を下げた。

ランドンの何時になく明るい表情にニックはランドンの居場所は自分とは違う事を改めて理解した。
ここに戻って来なければ自分は違った人生を歩めたのかもしれない。
しかし、忘れられなかった。
老人と共に過ごした3年間、あのような酷い形で失ってしまったフローラの事を一日たりとも忘れられずにいた。
ライサンドへの憎しみは時間が経過しても薄れる事が無かった。
今も時間がある日はフローラの墓に通っている。
その場所こそが今、自分が安らげる唯一の場所になっていた。
彼女の眠るこの地を離れたくない気持ちの方が自分には大きかった。

「ニックには自宅を借りている件もあるし、もぅ暫くは世話になると思う。今回の件で公爵は牧場の調査を始めている。ザグソンは既に捕らえられ事情聴取されている。お前はもぅ牧場へは戻れないだろう。それはこちらの落ち度だ。その代わりと言っては何だがこちらで協力して貰っている間の給金は今まで働いていた額と同額以上に払わせて貰おうと思っている」

「いえ。それは構いません。当初の約束道理自宅の家賃と光熱費、それに当座の食事の面倒を見て頂けるのでしたら要りません。ライサンドを罰する為にかかる経費として使っていただいて結構です」

ゼロは人の心の深さと言うものを考えさせられる思いがした。
もしもこれから先、自分より先にあいつが逝く事があったなら自分はどうなるのだろうか!?
今までそんな事は一度も考えた事は無かったが、結婚すると約束してから漠然と色々考える様にはなっていた。
あいつは今回事なきを得たが、もしあの時自分が気付けずにいたらと思うとゾっとした。
もしかしたら自分は第二のニックになり得たのではないか!?
ニックの想いを遂げさせてやりたいとゼロは切実に思った。
その為には少しでも早く我王を引き摺り降ろし、自分が玉座に座る必要があった。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第13章6》】へ
  • 【パウリンの娘《第13章8》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

うふふ…
ゼロが大人になった感じがする~
人の気持ちが分かる王様に向かっていってるのね~♪

はのん様 

恋をすると皆大人になるのよ~♪
って、もぅゼロしっかり大人だって!(笑)
恋をした事で、ゼロはただの堅物から卒業しました。
その通り、人の気持ちが分かる王様が理想です^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第13章6》】へ
  • 【パウリンの娘《第13章8》】へ