離婚しましょう? 旦那様ッ

離婚しましょう? 旦那様ッ 本編《シルビア視点》12

 ←ファンタジー大賞のお礼と「魔導士の掟と幼い妻と」イラスト紹介 →ずっと心に決めていた《180.発 言3》(リレント視点)
今までは妊娠に気付けずに、お腹の子を危険にさらしてしまった自分を責めながら、何とか無事であることを祈るだけで精一杯だったのだけれど、無事が分かると今度はまた違った意味での不安が沸き起こって来た。

医術師の先生には暫くは旦那様との夜の生活を遠慮するようにとの言葉を初めての診察の時より頂いてはいたのだけれど、今回の診察でもそれは解除されておらず、如何したものかと悩ましく思っていた。

今まで私との結婚前には週に6日もご婦人等の下に通っていた筈の旦那様が、引き続き延長を言い渡された私に、如何言う反応を見せるのか……。
私と結婚してからは週に1度と我慢されていたようだけれど、先生のお話では最低でも後ひと月半は安静にした方が良いとの事だったのだ。

「あの……旦那様?」

「ん?」

「先生からのお話はお聞きになりました?」

「どの話だ? 悪阻を踏まえての対処法か?」

「いえ、その様な事では無くて……」

「ああ、靴の事ならば心配はいらないぞ。既に手配した。ヒールのある靴は、暫くは禁止だぞ。届いたら一緒に庭でも散策しよう」

「あ、はい。有難うございます。えっと……」

「ん?」

言い淀んでいる私を、旦那様が優しく覗き込む。

「あの……」

「何だ?」

旦那様は、あの日からと言うもの、とても甲斐甲斐しく私の世話をして下さっている。夜勤明けの翌日の休みはずっと側に居てくれた。
仕事も、休みを取る事は叶わなかったけれど予定の許す日は、昼の休憩時間に私の様子を見に屋敷へと戻って来て下さってる。
今は旦那様の私に対する愛情は十分に感じることが出来ている。
けれど、愛情と……、こう言う事は違うのだと言う現状が男性の世界には侭として蔓延っている事を先日伺った騎士夫人等の親睦会で聞かされた。
元々旦那様は私の知る所、成人なさってからは3日と女性の切れる事が無かったと聞いている。そんな方が、結婚後週一と言う私との関係で我慢して下さっていたと言う事実ですら奇跡のように思えるのに、後ひと月半も等、耐えられる訳がないッ。

「まだ暫くは……、出来ませんけれど……」

「ああ、そうらしいな」

「あの……ほっ、他の方の所へは……」

世の殿方が浮気に走る原因の多くは、妻の妊娠中と言うのが一番なのだと聞く。
集まっていたご夫人等が口々にそう仰っていた。
元々旦那様の場合、その傾向がお有りな訳なのだから、行かれても仕方の無い事なのかもしれないけれど、それでも出来る事ならば行かれるのならば分らない様にして欲しいと言ってみたかったのに、吐き出す途中で言葉を詰まらせてしまい、しまったと思って旦那様の顔を見上げてみれば、思いっ切り呆れたような顔をされていた。

「はぁ――っ……」

「えっ?」

(ここで、溜息って??)

「お前、一体私を何だと思って……」

「旦那……様?」

(えっと……、私、何か間違った事を言ってしまった?)

すると……。

「私が欲しているのは愛する妻一人だけだ。もう他の誰かを抱きたいとは微塵も思わない!」

きっぱりとそう断言して下さった。

「旦那様……」

本当に? 本当ですか? 旦那様ッ

「これからは二人でこの子を守って行こう。なっ?」

「はい。旦那様ッ」

私の手を取りそう告げてくれた旦那様の言葉が嬉しすぎて、私の瞳はうれし涙に濡れていた。
吸い寄せられるように互いの唇を合わせると、それは暫く離れる事は無かった。

本当に今の私は幸せだ。
幸せで怖い位……。

まだ芽生えて間もない形も見えない小さな命が、私に幸せを齎してくれたのだと、そう思っている。

私の命はあなたの命、あなたの命は私が……。
最初は何も分らなくてあなたに苦しい思いをさせてしまったけれど、これからは何があっても私が守り抜くのだと、深く心に刻んだ。

「きっと3人で幸せになりましょうね?」

「そうだな、約束だ」

腹部に手を置きながら、お腹に向いそう囁けば、旦那様もその言葉に同意し、私の手の上に大きな手が重ねられた。

これからは、貴方を信じても良いですか? 旦那様ッ。

~Fin~

★押して頂けると励みになります

にほんブログ村

にほんブログ村


※次回からは、続編の『信じても良いですか? 旦那様ッ』をこちらでUPして行きます。


続編をムーンライトノベルズ様サイトにて連載中です。興味のある方は↓まで
風波涼音作品 【離婚しましょう?旦那様ッ】続編【信じても良いですか?旦那様ッ】続きを読む。
総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ファンタジー大賞のお礼と「魔導士の掟と幼い妻と」イラスト紹介】へ
  • 【ずっと心に決めていた《180.発 言3》(リレント視点)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

おお~~~終わった。
読み終わった~~。
こうやって涼音さんのほっこり幸せストーリーの終わり方を見せられるとほっこりしますし、安心もしますね。
安定感がある安心さ!!
これも涼音さんの小説の魅力!!
良い作品を読ませていただきました!!
ありがとうございます====!!!
(*´ω`*)

LandM 様 

今日は。
読了有り難うございます^^

ほっこり安心して頂けて良かったです♪
定番と言えば定番ですが、これは私のポリシーなので譲れない所(笑)
そう言って頂けると有り難いです。

引き続き続編補お送りいたします。
宜しくお願い致します。

いつもコメント有り難うございます^^/
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ファンタジー大賞のお礼と「魔導士の掟と幼い妻と」イラスト紹介】へ
  • 【ずっと心に決めていた《180.発 言3》(リレント視点)】へ