お知らせ&感謝

ムーン様にて「THEゴールデン☆ボール」の名で、リレー小説に参加させて頂きました

 ←パウリンに導かれて《第11章3》(※R-15一部有) →離婚しましょう? 旦那様ッ・続編『信じても良いですか?旦那様ッ』 第2話
今晩は。風波涼音です。
最近連載作品ローテーションの週一更新がほぼ定着化している中で、それぞれをお待ちし、つもご覧頂き有難うございます。

そんな状況にも関わらず……すみません💦
実は今回、ととりとわ様主催の3チーム制リレー小説(同じ世界観を持つ、過去・現代・未来の話)の1チームに参加させて頂いております。
総勢15名の全員ムーンライトノベルズにて作品を発表しているムーン作家です。勿論発表場所もムーンライトノベルズサイト。
リレー小説は、初参加です
書籍化されている作品をお持ちの方も何人もいらっしゃって、風波なんて足を引っ張っただけの状況かもしれませんが、自分なりには精一杯書かせて頂きました。
おまけに参加させて頂いたのは現代編で、「風波にそんなの書けるのか?」と疑いたくなるような状況ですが、とっても楽しそうな設定に仕上がりどうしても書きたいと思ってしまったのです。
今回その中の6話と10話の2話を担当させていただきました。(既に予約投稿済み)
はっきり言って、「僕」と書く所を「私」と書いてしまったり、いつもの書き方が抜けきず苦労もさせられましたが、どんな展開で受け取るのか、前の作家様の妄想にドキドキワクワクし通しで、時には頭を悩ませながらも、とっても楽しく書かせていただきました
こちらは既に過去編が終了し、現在編に突入。現在4話までUPされており、今夜間もなく22時に5話目がUPされます。(毎日22時更新)
という事で風波が書かせて頂いたものは、明日2日22時より掲載されます。

ユーザチーム名THEゴールデン☆ボール

★リンク先★(毎日22時に更新中)↓↓↓〔順不同・敬称略〕
第1幕:「過去編」(全9話完結済み)
森の泉への願い~鉄の棒と金の玉玉 
 【執筆者】ぐるもり・あかし瑞穂・なかむラ・水守真子
 ~あらすじ~(一幕より)
「これが私からの祝福だよ」
 そう言って泉の精霊がくれたのは……金髪キラキライケメン王子さま!?
 歌声が導く強情強気娘とヘタレ隠れ巨チン巨タマ(仮)男のくんずほぐれずのエロコメディ!!「あ……きょうも、おっき……ん」はむっ

第2幕:「現代編」(連載中)
魔法が解けるとき~エリートは平手がお好き~ 
【執筆者】花粉症・藍井恵・秋吉りこ・風波涼音・水田歩・ユーリ・
 ~あらすじ~
 しがない契約職員の瑠美子は、ある日一人のイケメンを助ける。彼こそは魔法省きってのエリートにして変装魔法の名手、山元。奥手な喪女と、喪女の平手なしには変装が解けないようになってしまった残念エリートの、残念な恋のお話。毎晩22時更新、全12話。

第3幕:「「未来編」(12月9日より公開)
(12月9日22時よりムーンライトノベルズにてご覧いただけます) 
【執筆者】ととりとわ・浅葱・葛城阿高・冬鬼・黄 州麗

※1 また今回、グループ登録での運営上の規約により、ムーンライトノベルズでの、ブックマーク掲載や評価が個人で出来ない状況にあります為、サイト内の風波のマイページからのリンクが出来ません。ご理解き、上記のリンクよりご覧くださいませ。
※2 ムーンライトノベルズはR-18指定サイトです。18歳未満の方の閲覧は禁止されておりますのでご理解の上、ご了承くださいませ。

全作ともとっても面白いです!
どうか、宜しくお願い致しますm(__)m。

★押して頂けると励みになります

にほんブログ村

にほんブログ村





総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンに導かれて《第11章3》(※R-15一部有)】へ
  • 【離婚しましょう? 旦那様ッ・続編『信じても良いですか?旦那様ッ』 第2話】へ

~ Comment ~

NoTitle 

おお~~リレー小説ですね~~。
私はチームワークが欠如しているので、できないじぇ。。。
・・・ということもありました。
基本的に単独行動している方が小説が生き生きしているもので。
ゲームのシナリオライターやっていたときも分岐イベントの細かい部分まで全部ひとりで作っていましたね。

自分には真似できないことなので、頑張ってくださいませ~~。
(*´▽`*)

 LandM  様 

今晩は。返信遅くなりすみません。

リレー小説、一度やってみたかったので参加することにしました。
一応みんなで軸となる話の方向性は話し合って参加人数が多いという事で3班に分かれる事となり、そこでも大まかな流れを決めました。ただ、そこにたどり着くまでの設定は担当した作家次第。
ハラハラドキドキ感も半端なく、自分が思い描く路線に近づけるように頑張ってみました。
各々担当作家の趣味だったり好みが色濃く映し出され面白い展開となっております。
これがリレー小説の醍醐味なのかと感じる次第。
本日22時は私の担当する10話目の更新となっております。
宜しければそちらもご覧くださいね♪

いつもコメント有難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンに導かれて《第11章3》(※R-15一部有)】へ
  • 【離婚しましょう? 旦那様ッ・続編『信じても良いですか?旦那様ッ』 第2話】へ