パウリンの娘

パウリンの娘《第15章4》

 ←パウリンの娘《第15章3》 →パウリンの娘《第15章5》
皆の意思を確認し、ゼロはこれから共に進むべき方向を、より正確にして導いて行かなければならないと思っていた。

「先日ローレライのパウリンに今後の道を暗示するような映像が映し出された。王宮神殿を思わせる場所だ」

皆が息を飲んだ。
我王の出生を暴き出そうと翻弄していた時、一番怪しかった場所で唯一踏込調べる事が出来なかった場所が神殿だった。

「まさか真相への手掛かりが摑めたのですか!?」

そう告げたのは我王の出生についてずっと探りを入れていたハビロードだった。

「神官長マティアスの側近二人の内一人が変わったようだ」

「側近が変わっただと!? 死んだのか?」

シドが怪訝な面持ちでそう言った。

「いや。分らん」

神官長マティアスの側近はゼロが近衛見習いに入る以前から淡い金髪に緑の瞳のゼグストと、ダークブラウンの髪に青い瞳のサイナーだった。
側近は余程の事でもない限り本来変わらない。

「サイナーの後任となったのは、我王と同じ髪と瞳の色を持つ差ほど若くない男らしい」

ハビロードが痛めた拳を握りしめた。

「よし!」

やっとだ! やっと我王を王座から引き摺り下ろせるかもしれない!!
先走り過ぎているのは自分でも良く分かっていたが、高揚する気持ちを抑える事がハビロードには困難だった。

「だが、珍しいとは言っても髪の色と目が似ているってだけでは証拠としては不十分だな」

シドは冷静だった。

「先ずサイナーが今どうしているか調べる必要があるな」

「もし、神殿から去っていれば何か聞き出せるかもしれませんね」

「神に仕えている身だ。余程の事が無い限り中々自ら去る者は居ないだろうが・・・・」

それでもやっと掴んだ手掛かりだ。
サイナーの素性を調べ、周辺から少しずつ崩していくしか今は手が無かった。

「では、サイナーの調査はハビの支部に任せる。神殿に入る以前の事から身近な対人関係全ての調査だ。新たに側近に着いた者についても出来る限り調べろ」

「はい。お任せ下さい」

「レイの支部は神殿に出入りしている者と城外へ出かける神徒を探れ。直接接触する時はくれぐれも悟られないように気をつけてくれ」

「心得ております」

「エルは先行して王都近郊に新たな拠点の準備をしろ。最低限居住が可能であればどのような場所でも構わん。絶対に我王の配下の者に悟られるなよ」

「はい。実はもぅ目に付けている場所があります」

そう言ってフリードルが話したのは王都の外れにある前王時代に使われていた王宮保有の牧場だった。
バラサインに戻る途中で牧場に見知った者の姿を見つけ声を掛けた。
もぅ10年以上前から売りに出されていて、放牧する馬も無く、現在管理は老夫婦二人に任せられているらしかった。

「その管理を頼んだのは誰だと思います?」

「まさか・・・・宰相か?」

「はい。おまけにその顔見知りの老夫婦と言うのはハビネスです」

王宮を離れた後、管理する馬が減り首になったと聞いて申し訳ないと思っていたが、父が下り先の世話をしてくれていたのか・・・・。
ゼロは自分が結果として多くの騎士を連れて城を出て行くことになり、多くの者に迷惑を掛けてしまったことを常々心苦しく思っていた。
ハビネスの妻には宿舎の給仕をして貰っていた経緯があった。
二人の仕事を取り上げたのは自分であると言っても過言ではない。

本来我王が売りに出した牧場の管理など、そう頻繁にする必要は無い。
売れるまで定期的にある程度の管理は必要だろうが専用の管理人を住まわせする必要は無い。
我王に知られれば、きっと父は咎められるだろう。
それを敢てしていると言う事は、もしかすると父は何れ我王が王座を追われる運命にある事を知っていたのかもしれない。
それにこれがもし、新王を迎えるその時の為に整備されていたのだとしたら?
ゼロは父の事を、我王を支持する裏切り者の様に感じていたが、もしかするとそれだけではないのかもしれないとこの時初めて思った。

ハビネスはゼロに幼い頃より馬の世話を色々教えてくれた人物だ。
馬の湿布薬の作り方を教えてくれたのも彼だった。
あの人は信用できる!
ゼロの想いもフリードルと同じだった。

「ハビネス夫妻によろしく伝えておいてくれ」

話しが終えると、ハビロード(ハビ)とブレイン(レイ)、そしてフリードルは早々にバラサインを発った。

良かったらポチッとお願い致します^^

にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パウリンの娘《第15章3》】へ
  • 【パウリンの娘《第15章5》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

土日忙しくてやっとこられました(><)スミマセン…

お話が動いてきましたね!
はやくあまあまがみたいなぁv-238
きゅんでもいいけど…(笑)
やっぱり二人がくっ付いてる時が楽しいです!
(当たり前ですけどね 笑)

はのん様 

いいえ。いつも有り難うございます^^

動いてるでしょ^^
話的に進むのはこの章はここまでで、以降16章かな。
次からは二人が絡みの話しになります。
初キャラも出てきます。ちょっと強烈な(笑)
お楽しみに♪

NoTitle 

・・・・ここからは演算が必要になってきますね。
速やかなる根回しと誰をどういう風に立てるか。
国民の納得と官僚の納得。その辺の根回りをどう立ち回るかで変わりますね。

LandM様 

これから根回しが色々大変です。
ある程度の証拠となるものも色々必要ですし、国民は既に王を見はなしている状況なので、長老等をまとめるのも一苦労です。
まだまだ先は長いですが、そういった事も含めて見て頂ければ幸いです。

いつも有り難うございます^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パウリンの娘《第15章3》】へ
  • 【パウリンの娘《第15章5》】へ