FC2ブログ

ずっと心に決めていた

ずっと心に決めていた《41.心 情1》

 ←ずっと心に決めていた《40.微 睡》 →ずっと心に決めていた《42.心 情2》
責め立てる私の言葉に、先程まであれ程心配そうに見つめてくれていた優しさあふれる瞳の色が一瞬にして変貌を遂げてしまった。
今度は如何いう訳か何処か落ち着き払った様子で、どちらかと言えば険しい眼差しを向けたままこちらを見据えている。

「……心外だな……。別に変な妄想を抱かなかったとは言わないけれど、別に手は出していないし、抱え上げるのに必要だったから少し触れただけだ。マリーを湯船から引き上げるには不可抗力だったと思うが?」

淡々と告げられた言葉に、戸惑いを覚えた。
先程は、あまりに衝撃的な状況を突き付けられて思わず混乱してしまったが、冷静に捉えてみれば確かに、彼の言う通りなのだ。
今この状況に置かれているのは自身の不甲斐なさの現れに過ぎない。
それなのに助けてくれたアレクに対してあの言葉は確かに失言だったのかもしれない。
幾ら恥ずかしすぎてどうすれば良いのか分らず、混乱していたにしても……。

「あっ、あの……、それは御免なさい……」

「まぁ、良いけど……」

とりあえず謝る事が必要だと判断し、言葉を口にはしてみたけれど、アレクは依然憮然とした態度を崩してはくれなかった。
私なんて現時点では、自身の複雑な胸の内を如何吐き出して良いのかさえ分らず戸惑っていると言うのに……。

素肌にローブしか纏っていないこの状況で、次に何を告げるべきなのか? 頭の中には色々な想いが溢れ返り既に彷彿の嵐状態だった。
とにかくここは冷静になる為に、湯船に浸かってからの一連の出来事を一つずつ思い出し、解決の糸口を探ってみるべきだと考えた。

(あれから慌てて湯船に浸かり、どうだったかしら?)

そう……、冷静になろうとしたのだ。
けれど、冷静になる所が色々とこれから起こるかもしれない出来事を妄想してしまい、更に頭の中が煮えたぎってしまったものだから、早々に湯船から出て今度は水を全身に浴びたのだ。
流石に水は身を縮ませるような冷たさで、一瞬冷静になれた気がして良かったと思っていたけれど、その時不意にある事に気付いたのだ。
アレクがあれ程の雷雨の中、私の身を案じ急ぎ駆け付けて来てくれたのだと言う事実に……。
おそらくレインコートを着ていても、それだけでしのげる雨では無かった筈だ。
その証拠にずぶ濡れと言う感じでは無かったが、アレクの頭髪は湿り気を帯びていたし衣服の袖口はしっかりと濡れていた。
もう雪が降る様な季節では無いが、それでも朝夕はかなり冷え込む。
その為にヨハンナさんも暖炉にくべる薪を取りに出かけたのだ。
そんな季節の中でアレクは濡れた衣服を着替える様子も無く、ずっと濡れた状況のまま不安がる私の傍に居てくれた。
本来ならばアレクにこそ早く湯に入って貰わなくてはならなかったのに、自分の事だけで余裕が無くいっぱいいっぱいで、私はその事に気づけなかったのだ。
けれど、今気付けただけでも良かったと思う。ならば出来るだけ早く湯場から出なければと思い至り、急ぎ身体を洗い始めたのだ。
急ぎながらも丹念にを心がけ、とりあえず洗い終わり湯に浸かろうとした時、いつもヨハンナさんが湯に垂らしてくれるリラックス効果のある香油が何処かに置かれている筈だと言う事に気が付いた。
確かいつも取り出しているのは脱衣場の鏡の脇に置かれている小ケースの中。
アレクにもゆっくり浸かって欲しいと思い、香油を取りに脱衣場へと足を踏み入れた事が間違いだったのかどうかは今となっては分らない。
ただ言えるのは、その脇に置かれてある鏡に映る自らの肢体を思いがけずに目にしてしまい、あまりにも凹凸の無い女性らしくもない体系にショックを覚えたのだ。
きっと世の男性と言うものは、もっと女性らしい体型の者を好むものだと思う。
そう思えてくると自身の体型が、突如凄く貧相に見えて来たのだ。

(アレクは、この体型を知ったら如何思う?)

ドレスを着る時に見せている胸元が、実は脇と胸下の肉を手繰り寄せ、コルセットで締め付ける時にどれだけ苦労しての結果だと言う事をアレクはきっと知らない。
それがなければ自分はただの未発達な少女体型に近い体つきで、何も知らずにこの肢体を曝け出せば、きっと失望されてしまうに違いないと思えてしまったのだ。

(どうしよう……)

アレクは私の望まない事はしないと言ってくれていた。
だから直ぐに暴かれる事は無いかもしれない。
けれど脱衣場でアレクに背を……、おそらくは唇で触れられると言うちょっとしたアクシデントがあって、平素を装おうとはしているが、それが彼の本心では無いのかと言う事が痛い程心に伝わって来てしまった。
きっと、彼に求められているのだと……。そう思った。
だから尚更とても戸惑ってしまったのだ。

押して頂けると励みになります^^

にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ずっと心に決めていた《40.微 睡》】へ
  • 【ずっと心に決めていた《42.心 情2》】へ

~ Comment ~

NoTitle 

乙女心ですね~♪
完全に恋愛真っ盛りになると、相手の体型なんて関係なく好きなんですが、
最初はとても気になりますよね。
初々しくて可愛いです。

>(アレクは、この体系を知ったら如何思う?)
は「体型」でしょうか?

Sha-La様 

そうなんです。
この乙女心を書きたくて♪
最初はそんな事分からないから、気になる気になる。で、このマリーの想いを知った時アレクがどうなるかは想像に難くない?(笑)

わわわわっ、何でここだけ体系変換に???
誤字お知らせ有り難うございます。
早速訂正させて頂きました。

コメント有り難うございました。

NoTitle 

この辺は確かに女性視点ですね。
まあ、男性にも言えるところですが。
体型は誰しも気にするところ。
私もこの年齢になってもそうですからね。

LandM様 

こういうのって女性が特にと思っていましたが、男性も色々気になっている物なんですね。色々勉強になります。
体型はやはり、私も今も気にはなりますが独身の頃の方がより気にはしていたかな。
子供産んでからは多少部分的に諦めてはいますが、ある程度はそれでも気になる所です(笑)

いつもコメント有り難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ずっと心に決めていた《40.微 睡》】へ
  • 【ずっと心に決めていた《42.心 情2》】へ