FC2ブログ

婚約者候補筆頭なんて知りませんッ

婚約者候補筆頭なんて知りませんッ 第14話 もどかしい馬車の中

 ←婚約者候補筆頭なんて知りませんッ 第13話 彼女に何が起こっているのか? →婚約者候補筆頭なんて知りませんッ 第15話 危険へのカウントダウン
 騎士団は1班7名の編成部隊を結成。
 そんな男ばかりの大人数で駆けつけるのは、幾ら夜会の席だとは言え不自然さがあるのではないかと思っていれば、堂々と表から入るのは、どうやら私と目の前にいる騎士団統合本部長だけらしい。

「ねえ、何処に向かっているの?」

「プロムナード伯爵邸」

「色々な申請書類が多く上がってきてるから、かなり手広いことをやっている人なんだろうとは思っていたけど、悪事を働いていたんだな……」

「表向きは生活物資の輸入販売をしているように見せかけていますが、裏ではかなり非合法なやり方で禁止薬物も仕入ているようです」

「まさか、麻薬の類とかか?」

 禁止薬物が扱われているだけでも大事だと思っていたのに、続く言葉にそれ以上の性質の悪さが感じられ更に驚かされた。

「非合法に催淫性の高い薬物を仕入れ、人体実験を行っていると言う密告が先日ありまして……」

「人体実験だって!?」

「勿論我が娘たちがそのターゲットになっているとは限りませんが、こう言うものは注目を浴びれば浴びる程、ターゲットにはなりやすい。シルリルは社交性も高く、目をつけられる可能性は十分に在りえる。感の鋭フィフィアナは、いつもその事を危惧しているのですが、私もその点は娘の意見に同感です」

 確かにあのフィフィアナが、妹に対する何かに気付いてそのまま知らぬ振りが出来るとは到底思えない。
 私は生唾を、ゴクリとその場で飲み込んだ。

「けれど、フィフィには剣を日常的にいつも身につけさせているんだよね?だったら、並みの男より十分に強い。きっと大丈夫だよね?」

「多勢に無勢。相手の人数が多ければ、それも無理でしょう」

「でもッ、まだ、それは分からない!」

「ええ、ですがある意味娘たちは有名なのです。知る者も多いでしょう。どうしても注目を人より浴びてしまう」

「だが、仮装をしているのだろう? だったら少しは……」

「その期待は、返って裏目に出ていると見た方がこの際良いでしょう。何かあったとすればシルリルを逃がしてフィフィアナは応戦するでしょう。ですが慣れないドレスであのフィフィアナが、有効な立ち振る舞いをとても上手にできるとは思えない」

「……でも、彼女たちが被害にあっているとも限らない!」

 考えれば考える程、言葉とは裏腹に思考は変な方向へと向かってしまう。

「ええ、それは勿論です。ですが、今は何もできない。無事を祈るより他には……」

 ……何てことだッ。
 最悪だ!
 何人であれ、もし、彼女に何かしたら……、絶対に唯では済ませない!

「馬車の速度をもっと上げろ! どれだけ揺れても構わない!!」

 声を高らかに御者にそう告げると、私は拳を強く握りしめながら、彼女の無事を懸命に祈った。

★押して頂けると励みになります

にほんブログ村

にほんブログ村


総もくじ  3kaku_s_L.png パウリンの娘
総もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の彼方とその果てに
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ&感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【婚約者候補筆頭なんて知りませんッ 第13話 彼女に何が起こっているのか?】へ
  • 【婚約者候補筆頭なんて知りませんッ 第15話 危険へのカウントダウン】へ

~ Comment ~

NoTitle 

専門学生で勉強したことを思い出しました。
今でこそ、治験ということで慎重に薬の実験をやってますけど。
医療の歴史って、人体実験の歴史ですからね。。。
1950年代までは、人体実験の歴史なので。
そこから発展を遂げたことで、
過去の偉人とその実験になった人に敬意を・・・ということが思い出されますね。

すいません。
なかなかコメントできなかったです。
ちょっと、コロナ事情で仕事が忙しくて通えなかったです。
まあ、今でも忙しいのですが。。。

LandM様 

今晩は。返信遅くなりました。
人体実験、私の記憶ではナチスドイツ政権時代のユダヤ人や731部隊の事は記憶されていますが、本当に酷い実験があったようで……。
聞くと本当にやるせない気持ちになりますが、過去の偉人の方々には本当に感謝しなければなりませんね。

こちらこそ、医療現場に比べれば、うちなんてまだ楽な方だと思っていますが、人が減ってるのに感染対策だの何なのと職場でのやるべきこともかなり増え……日中かなりハードで、おまけに休みも子供が家にいるから中々自分の時間も作れず、家事を終えPCの前に座っても15分で気づいたら深夜までリビングで転寝して目覚めて洗濯物干して布団に寝るを繰り返していると言う^^;
若いころと違ってつくずく体力落ちてるなぁと実感している毎日だったりします。
お互い身体に気を付けて、出来る限り頑張りましょうね。
いつもコメント有難うございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【婚約者候補筆頭なんて知りませんッ 第13話 彼女に何が起こっているのか?】へ
  • 【婚約者候補筆頭なんて知りませんッ 第15話 危険へのカウントダウン】へ